新型マツダCX-5登場!!「中身」はここまで変わった!!


 SKYACTIVテクノロジーでノリに乗っているマツダが、年の瀬も迫る12月15日に新型CX-5を正式発表した。

 パッと見は変化がないようにも思えるが、目に見えない部分がしっかり”深化”しているという。

 「ドライバーのみならず同乗者も笑顔にするSUV」をキーワードに、ドライバーが運転して気持ちいい、パッセンジャーも安心して快適に乗れる。そんなCX-5の概要を紹介したい。

 文:WEB ベストカー編集部/写真:平野学、マツダ


エクステリアは微妙な変化に留まった?

 エクステリアのテイストに関しては先代のキープコンセプトといったところ。特徴的な台形状のグリル、バンパー下部の形状なども先代と似ている。

 大きな変更点としてはグリルがメッシュ形状になったこと、前後トレッドを10mm拡大したことが挙げられる。

 感覚的にいえば先代の柔和な印象から「キリッ」としたマスクに変わったといったところだろうか。

 カラーリングの進化も同時に行われていて、コンセプトカラーの「ソウルレッドプレミアムメタリック」が「ソウルレッドクリスタルメタリック」に。赤みが深くなっているのが特徴だ。

cx-5-033
左が新型、右が先代CX-5。一見するとそっくりに見えるが、ライト形状の変化で並べると異なった印象を受ける  

パワートレインはキッチリと進化を遂げる

 CX-5のパワートレインは2.2Lディーゼルと2.0L/2.5Lガソリンのラインアップは変わらず。

 2.2Lディーゼルエンジンはアクセル操作に対するクルマの反応をよくする「DE精密過給制御」を導入し、ディーゼルエンジン特有のタイムラグを減らす工夫がなされている。

 さらにはピストンピンに組み込まれたナチュラル・サウンド・スムーザーの導入でノック音を低減するなど、ディーゼルエンジンのネガな部分を消す工夫がてんこ盛りだ。

 2.0Lガソリンエンジンは13.0の高圧縮比、排気システムの高効率化で優れた燃費を実現。

 いっぽうの2.5Lガソリンエンジンはピストンのオイルリングに上下非対称の形状を採用し、ピストン周りの油膜の厚さを最適化。こちらも燃費の向上を図っている。

p1j13776s
注目はこの2.2Lディーゼルに集まるだろう。CX-5には初となるナチュラル・サウンド・スムーザーの導入もビッグニュースといえる  
p1j13777s
ナチュラル・サウンド・スムーザーはピストンの中心部の空洞に、ピストンの振動を抑える制振装置を装着。高温にさらされるピストン部で熱害を受けにくい空いたスペースを上手に使ったアイデアだ  

次ページは : ハンドリングと安全性の向上は?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ