スカイラインがツインターボで進化!! INFINITY Q60を松田秀士が試す!

 クーペにターボエンジンのスカイラインが戻ってくる!! 

 北米ですでに発売が始まっているインフィニティQ60は、日本市場では次期スカイラインクーペとして2017年中に導入される予定だ。注目は405psを発揮する3LのV6ツインターボエンジン。

 さらにエクステリアも日本車離れしたルックスで、動的、そして静的にも存在感が輝きそうな1台だ。松田秀士氏の北米試乗インプレッションをお送りする。

 文:松田秀士/写真:日産(Infiniti)
ベストカー2017年1月10日号


流麗なクーペにため息がもれる

 V37型スカイラインクーペとして、2017年に国内市場へ導入されるのではないかと噂されるインフィニティQ60。ワールドカー・オブ・ザ・イヤーのアメリカ試乗会で初体験してきた。

 とにかくシルエットが素敵!! 流れるようなサイドビューは美しいのひとこと。サイドウインドウのメッキモールがピカピカして高級感がある。ロサンゼルスの強い日差しに反射していたのが印象的だ。

 どの角度から眺めても、美しくカッコいい。デザインは、ほぼ満点といってよいのではなかろうか。

 インテリアも素材の高級感が高く、操作系のスイッチ類も適材適所に配置され、快適と質感を両立させている。試乗会場の拠点となったパサデナは、なかなかお洒落な街で、欧州系高級車に出会う確率が高い。

 そんな中でも、Q60は決してケバケバしくなく、品のある高級車として引けを取らないデザインだ。

 ドライバーズシートに座るとポジションは低い。ドライバーがクルマの一部に溶け込んだようなフィット感が高い。

 よって、ドライビングポジションも少し寝た感じのスポーティなもの。もちろんこれは、私の好みのポジションにセッティングできるということで、もっと立ち気味のセットアップも可能だ。

 ただ、このシルエットには、フォーミュラーカーをドライブするような、ドライビングポジションが似合う。そう、思えるほどに内外のデザインがスポーティでお洒落なのだ。

その姿は日本車離れしている感も受けるが、れっきとした日産のプロダクト。V6ツインターボにも期待がかかる

V6ツインターボの咆哮に息をのむ

 アクセルを踏み込む。低速域からとてもスムーズに加速する。パサデナの街を流す自分を想像するだけで嬉しくなる。こんな風に感じる日本車(栃木で作っているのだから)は久々。

 乗り心地は硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどよい印象だ。

 街を後にして、高速道路に入る。そこで、しっかりとアクセルを踏み込んでみる。これまでスムーズだった回転フィールに、一気に火が入ったように唸りを上げ、蹴飛ばすように加速。

 身体全体が加速Gで押し付けられるが、シートのフィット感がしっかりしているので、恐怖は感じさせないが明らかに速い。

 そのエンジンはV6、3Lツインターボでなんと405ps/48.4kgm。このエンジン、出来がかなりよさそうだ。高回転域での振動感も小さいし、どの回転域からでもアクセルに機敏に反応してくれる。

 ちなみに同じV6、3Lツインターボで304ps/40.8kgm仕様のエンジンも用意されている。

V6の3LツインターボというとZ32のVG30DETTエンジンを思い起こす日産ファンも多いはず

松田秀士が感じた今後の課題とは?

 とにかくパフォーマンスとシルエットは予想以上の満足感だ。しかし、乗り心地は細かなピッチングに悩ませられる。米国の高速道路の路面はとても悪く、継ぎ目のギャップなど日本の比ではないのだ。

 とはいえ、そのあたりを何気なくこなすモデルもあるわけで、改良の余地はある。

 その後、箱根のようなエンゼルスハイウェイを走る。ここでも、エンジンのパフォーマンスは素晴らしく、コーナリングから立ち上がりのトラクションでリアにしっかりと荷重をのせてダッシュする様には感動すら覚える。

 第2世代となったバイワイヤー式ステアシステムのダイレクト・アダプティブ・ステアリングは進化しているが、もっとダイレクト感が欲しいところだ。全体的に改良の余地は残されているが、スポーティなスカイラインクーペの後継として相応しいモデルだ。

V37スカイラインで採用されたステアリングのバイワイヤー技術はもちろんクーペでも採用される。スポーツハンドリングとして課題は残るが改良に大きく期待できる

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ