ハイエース本日改良発表 商用バン界の王者刷新とレジアスエース静かに絶版

■安全装備の拡充と伝統の車名が終了

 2020年4月17日、トヨタはハイエース(バン、ワゴン、コミューター)を一部改良して、2020年5月1日より発売する、と発表した。

 変更内容は主に安全装備のオプション設定を拡充。

【画像ギャラリー】噂の次期型ハイエースと在りし日のレジアスエースと改良型ハイエース

ハイエースバン スーパーGL (標準ボディ・2WD・ディーゼル車)(ボルドーマイカメタリック)<オプション装着車>

 車両後方のカメラ映像を映し出す「デジタルインナーミラー」、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面へ表示する「パノラミックビューモニター」、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新規オプション設定などがあげられる(いずれもAT車のみ)。

商用車にも安全装備が拡充していくことで、クルマ界全体の安全性が向上する(「インテリジェントクリアランスソナー」の作動イメージ図)。

 また、オプティトロンメーターに4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイを採用し、視認性、利便性を向上している。

 今回の一部改良により、車両本体価格は(グレードによって異なるが)約8万円の値上げとなる。

 今回の一部改良で、(ハイエースの姉妹車でバッジ違いの)ネッツ店の専売車種名であった「レジアスエース」が販売を終了した。2020年5月から全国で実施される、トヨタの販売チャンネル統合を受けての措置と考えられる。

 1997年に「ハイエースレジアス」として登場し、1999年からは「レジアス」(2002年まで)、また同年からは「レジアスエース」として発売していた伝統の車名は、静かに日本新車販売市場から退場する。

【画像ギャラリー】噂の次期型ハイエースと在りし日のレジアスエースと改良型ハイエース

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ