「走行会」って楽しいの? 富士スピードウェイを愛車で走る快感は絶品!!

「走行会」って楽しいの? 富士スピードウェイを愛車で走る快感は絶品!!

 いつかはサーキットで制限速度を気にせずビューンと走りたいな……。そう思う人も多いだろう。

 そこでWEB編集部の若手が愛車でサーキット走行会にいってみた。走行会だけではなく、そこに広がるアフターパーツのワンダーランドにもやられちゃった!? 魅惑の走行会レポートです。

文:WEB編集部
写真:NAPAC(西尾タクト)、WEB編集部


■愛車の本領発揮!! でもその前に!?

 もうすぐ旧型になるシビックタイプR(FK2)を駆り、富士スピードウェイまでやってきた編集S。

 サーキット走行はベストカーに来る前から嗜む程度はやってきたが、このシビックで富士スピードウェイの本コースを走るのは初めての体験。でも走る前には以下のメンテナンスを確実にしたいところ。

  • ・エンジンオイル、ブレーキフルードの交換
  • ・ブレーキパッド、タイヤの点検
  • ・ホイールナットを確実にしめる

 この3点は確実に。とにもかくにも止まること最優先。止まれないとやばいのです。

 クルマが壊れて廃車で済めばいいけれど、下手したら死んじゃいます。最寄りのディーラーや大手自動車用品店などでやってくれます。

 今回走るのは富士スピードウェイの本コース。つまりあの伝説の1.5kmのホームストレートがあるわけで、そこではほとんどのクルマが180km/hのリミッターに当たる。ブレーキに不備があればそのまま……、という最悪の事態も。

 さてそんな恐怖感満載の書き出しでしたが走行会は楽しい!! でも必要最低限の装備品も必要だ。

  • ・耐火装備(レーシングスーツ、グローブ、シューズ)
  • ・ヘルメット(4輪用)
  • ・ビニールテープ、ガムテープ
  • ・工具類(トルクレンチ、一般工具)

 長袖、長ズボン、2輪用ヘルメットでOKの走行会も多いが、ベストカーWEBとしては安価で構わないので4輪モータースポーツ専用品の装着をオススメしたい。

 レーシングスーツは火災になった場合、30秒程度は火炎から身を守ってくれるし、ヘルメットは2輪用よりも開口部は狭いが耐火性などが向上しており安全だ。

 合わせると数万円の出費にはなるが、万が一を考えれば決して高い買い物ではないはず。

 またビニールテープはライト類のマーキング(クラッシュ時に飛散しないように)、ガムテープはゼッケンの貼り付けに使う。これも忘れやすいので要チェック!!

編集部Sはご覧のとおりフル装備。出費にはなるが安全には代えられない
編集部Sはご覧のとおりフル装備。出費にはなるが安全には代えられない

次ページは : いざ実走、でもサーキットは無法地帯ではないぞ!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!