「走行会」って楽しいの? 富士スピードウェイを愛車で走る快感は絶品!!


 いつかはサーキットで制限速度を気にせずビューンと走りたいな……。そう思う人も多いだろう。

 そこでWEB編集部の若手が愛車でサーキット走行会にいってみた。走行会だけではなく、そこに広がるアフターパーツのワンダーランドにもやられちゃった!? 魅惑の走行会レポートです。

文:WEB編集部
写真:NAPAC(西尾タクト)、WEB編集部


■愛車の本領発揮!! でもその前に!?

 もうすぐ旧型になるシビックタイプR(FK2)を駆り、富士スピードウェイまでやってきた編集S。

 サーキット走行はベストカーに来る前から嗜む程度はやってきたが、このシビックで富士スピードウェイの本コースを走るのは初めての体験。でも走る前には以下のメンテナンスを確実にしたいところ。

  • ・エンジンオイル、ブレーキフルードの交換
  • ・ブレーキパッド、タイヤの点検
  • ・ホイールナットを確実にしめる

 この3点は確実に。とにもかくにも止まること最優先。止まれないとやばいのです。

 クルマが壊れて廃車で済めばいいけれど、下手したら死んじゃいます。最寄りのディーラーや大手自動車用品店などでやってくれます。

 今回走るのは富士スピードウェイの本コース。つまりあの伝説の1.5kmのホームストレートがあるわけで、そこではほとんどのクルマが180km/hのリミッターに当たる。ブレーキに不備があればそのまま……、という最悪の事態も。

 さてそんな恐怖感満載の書き出しでしたが走行会は楽しい!! でも必要最低限の装備品も必要だ。

  • ・耐火装備(レーシングスーツ、グローブ、シューズ)
  • ・ヘルメット(4輪用)
  • ・ビニールテープ、ガムテープ
  • ・工具類(トルクレンチ、一般工具)

 長袖、長ズボン、2輪用ヘルメットでOKの走行会も多いが、ベストカーWEBとしては安価で構わないので4輪モータースポーツ専用品の装着をオススメしたい。

 レーシングスーツは火災になった場合、30秒程度は火炎から身を守ってくれるし、ヘルメットは2輪用よりも開口部は狭いが耐火性などが向上しており安全だ。

 合わせると数万円の出費にはなるが、万が一を考えれば決して高い買い物ではないはず。

 またビニールテープはライト類のマーキング(クラッシュ時に飛散しないように)、ガムテープはゼッケンの貼り付けに使う。これも忘れやすいので要チェック!!

編集部Sはご覧のとおりフル装備。出費にはなるが安全には代えられない

いざ実走、でもサーキットは無法地帯ではないぞ!!

 よく勘違いされるがサーキットは速度無制限ではない。ピットレーンでは60km/h(サーキットによって異なる)の速度制限があるし、黄色いフラッグがあれば追い越しはできない。

 そこには厳密なルールがあり、それを守ることでクルマのポテンシャルを発揮できる。

 今回のNAPAC(詳細は後述)走行会では走行時の注意事項を事細かに説明をしてくれた。フラッグの意味、追い越される時の注意事項など重要なポイントを丁寧に教えてくれたぞ!! 

 またゲストドライバーとしてD1やスーパーGTで大活躍の谷口信輝選手など有名選手から安全な走り方を伝授してもらえるなど、豪華な走行会になった。

今回参加したのは「第24回NAPAC走行会in富士」。次回は2017年10月4日。9月24日までに申し込むと「早割」として1時間19,000円で参加可能

 安全装備をしっかりおこないいよいよ走行開始。BRIDEのフルバケットシートでコーナリングも万端!! シビック史上最高馬力の310psを解放だぁ〜〜。

 と、思いきや187km/hでメーターはストップ。EK9やS2000といった「先輩」に抜かれる。

 そりゃそうだ、まだFK2のリミッター解除プログラムはNAPAC加盟各社や大手のチューニングメーカーから発表がない。

 国内750台のためにわざわざ……、とは言わずぜひ作って下さいまし!! 

 270km/h出るらしい2LのVTECターボのパワーはお預けだが、その加速力、コーナリング(アンダーステアに終始しましたが楽しい)は異次元。

 あー、買ってよかった、FK2! そんなことを考えながらも走行枠が終わり、パドックに戻る。クーリングしてエンジンオフ。

 帰る前にはエアバルブやホイールナットの確認、ゼッケンやテープなどを剥がすことを忘れず。

 走行会の帰りはなぜか「気分だけプロレーサー」になっている場合が多いから、安全運転で(経験上走行会後の事故率は高く感じる)。

百戦錬磨のプロドライバーが揃ったNAPAC走行会。安全に楽しむためにいろいろアドバイスもらえるのも嬉しい 

次ページは : ■NAPAC走行会は走行以外にも楽しさ満点だ