スバルXVが快進撃!! 約6割の新規顧客と売れ筋グレードとスバル車の「キャラ立ち」

 スバルXVが売れている。6月29日にスバルから公式発表された販売データによると、2017年5月24日に新型XVが発売されてから、約一カ月で11.085台の受注があったそう。

 月販目標台数は2200台だから、およそ5倍。立ち上がりの数字としては「大好評」といっていいだろう。

 以下、スバルXVの公表販売データを紹介しつつ、人気の理由を考察したい。

文:ベストカーWeb編集部


■約6割の新規顧客とスバル車のキャラ立ち

 2017年4月6日に発表され、5月24日より発売が開始されたスバルXV。

 「富士重工→スバル」という社名変更とともにデビューしたこともあり、またスバル車のなかでも販売を牽引する役目を持つ車種でもあり、そのフルモデルチェンジは大いに注目を集めていた。

 また、XVの属するクロスオーバーSUVカテゴリーは世界的に注目が集まっており、国産車だけでも(ややサイズは上下するが)トヨタC-HR、日産エクストレイル、ホンダヴェゼルなど強力なライバルたちが揃っている。

 そんななか、XVの販売が好調だ。

スバルXV

 このたびスバルから発表された、XV発売一カ月後の販売データは以下のとおり。

  • 【グレード別販売データ】
  • 1.6i EyeSight 2%
  • 1.6i-L EyeSight 19%
  • 2.0i-L EyeSight 36%
  • 2.0i-S EyeSight 43%
  • 【ボディカラー別販売データ】
  • クリスタルホワイト・パール 30%
  • クールグレーカーキ 28%
  • アイスシルバー・メタリック 10%
  • クリスタルブラック・シリカ 8%
  • クォーツブルー・パール 5%
  • ダークブルー・パール 5%
  • ダークグレー・メタリック 5%
  • サンシャインオレンジ 4%
  • ピュアレッド 3%
  • 【購入者 属性】
  • スバル車からの乗り換え 41%
  • 上記以外 59%
  • 【購入者 性別】
  • 男性 84%
  • 女性 16%
  • 【購入者 世代】
  • 〜20代 12%
  • 30代 15%
  • 40代 21%
  • 50代 23%
  • 60代 21%
  • 70代〜 8%

 まずこのデータを見て驚くのが【購入者 属性】の項目だろう。「スバル車からの乗り換え」以外、つまりスバルにとっての新規顧客が59%というのは大変な数字だ。

 「一番ありがたいのはCMです。若々しいイメージで推していて、あれを見てなんだかよさそうで……とお店に来てくれるお客さんが多くて」

 と語るのは都内某スバルディーラー営業マン。
確かに「GReeeeN」の曲に乗って流されるCMは「何か新しいことが始まりそうだ」という、ライフスタイルの提案になっている。

 思えばこのXVの新車発表会で、スバルの吉永泰之社長は「モノを作って売る会社から、モノをとおしたライフスタイルを提案する会社になっていきたい」と語っていた。そういう意気込みが、確かにXVからは見て取れる。

 加えてスバルがこれまで築いてきたブランド価値も大きい。「信頼性の高い車を作る」、「武骨でマジメで丈夫」というスバルの持つイメージに、スバルがこれまで得意としてきたクロスオーバーSUVというジャンルがうまくマッチしているといえる。

 そういえば『騎士団長殺し』(村上春樹著/新潮社刊)では、印象的な場面で「白いスバル・フォレスター(の男)」が登場する。どういう役柄かはぜひ作品を読んでほしいが、あれは「オレンジのスバル・XVの男」では成立しないだろうなあ……と感じた

 (これ、クルマ好き、スバル好きならわかってくれるはず!! あそこはレガシィでもインプレッサでも、ましてやトヨタ車やホンダ車ではダメなんですよね!!!!)。

 それくらい、スバル車というのはどれもキャラが立っている、というお話。

 なおクルマ好きには気になる情報をひとつ。

 先代まで設定されていたXVのハイブリッド仕様だが(現行型がデビューしてカタログから落とされ、現時点でも設定されていない)、

 現在もスバル社内で開発が続けられており、早ければ2017年10月末の東京モーターショーで出展される可能性が高いとのこと。お待ちしております!

アウトドアにもピッタリなSUV

【XV 2.0i-S EyeSight主要諸元】

  • 全長4465mm×全幅1800mm×全高1550mm
  • ホイールベース2670mm
  • 最低地上高200mm
  • 車両重量1440kg
  • エンジン水平対向4気筒、2.0L
  • 最高出力154ps
  • 最大トルク20.0kgm
  • JC08モード燃費16.0km/L
  • 価格248万円(税別)
雪や雨でぬかるんだ道もいける

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ