スバル新型レヴォーグ、アイサイトが劇的進化&ここが変わった&ますます強くなるのか??


 スバルの基幹車種であるレヴォーグ(レガシィツーリングワゴンの実質的後継車)は、2014年4月に初代が登場してから2015年4月、2016年4月と年次改良を繰り返し、2017年7月3日、3度目となる改良を加えられ「D型」へと進化した。

 以下、新型への変更点とポイントを整理しつつ紹介したい。

※なおレヴォーグの販売マニュアルを入手しての徹底詳細情報は、現在発売中のベストカー2017年7月26日号に詳しい

文:ベストカーWeb編集部


■「アイサイト・ツーリングアシスト」へ進化し全車装備へ

 まず今回のレヴォーグの改良において最大のポイントとなるのはやはり先進安全技術のトップランナーである「アイサイト」の進化だろう。

 これまでアイサイトは「Ver.◎」というナンバリングをされていて、現行仕様は2014年に登場したVer.3。

 これがこのレヴォーグに搭載される仕様から「アイサイト・ツーリングアシスト」と名称を一新する。

レヴォーグ

 具体的な進化としては、全車速域追従機能付きクルーズコントロールとアクティブレーンキープの作動領域が、60km/h以上から0〜120km/hまで拡大。

 後方の衝突を防ぐ後退時自動ブレーキ、出会い頭による事故を防ぐフロントビューモニター、荷物満載でも後方視認性を確保できるスマートリアビューミラーなどがセットされた。

 大幅に機能を進化させて、そのうえ「全車に標準装備」としたのだから、レヴォーグの商品力は格段にアップしたといえよう。

【レヴォーグ、改良後の価格(ベストカー調べ)】

  • 1.6GTアイサイト 282万9600円(5万円アップ)
  • 1.6GTアイサイトSスタイル 292万6800円(2万円アップ)
  • 1.6GT-Sアイサイト 307万8000円(2万円アップ)
  • 2.0GT-Sアイサイト 361万8000円(5万円アップ)
  • 1.6STIスポーツアイサイト 356万4000円(7万円アップ)
  • 2.0STIスポーツアイサイト 405万円(10万円アップ)

次ページは : ■進化ポイントを箇条書きであげてみよう

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ