新型エスクード1.4直噴ターボ 武骨な顔で堂々デビュー!! おぉぉぉ!! カッコよくてお買い得!!

 2017年7月26日、スズキは1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード1.4ターボ」を発表、発売しました。またもや前触れもないままいきなり発表。

 このフロントマスクがけっこう個性的でカッコいい。常々SX4 S-CROSSのいかつい顔が好きだと公言している本企画担当、この新型エスクードにもかなりクラッと来ております。

 文:ベストカーWeb編集部 写真:池之平昌信


■武骨な顔だけど安全&快適装備は充実

 スズキのエスクードといえば、初代が1988年にデビューして大ヒットした都会型SUVの先駆者であった。それから約30年、現行型は4代目として2015年10月に日本デビュー。

 ハンガリーにあるスズキの子会社「マジャール・スズキ」製となり、輸入車扱いとして現在も販売されている(ここらへんはSX4 S-CROSSと同じ)。

 そんな異色の血統をもつエスクードに(現行型は1.6LのガソリンNAのみだったが)、今回1.4L直噴ターボエンジンを搭載した仕様が新たに追加された。一新されたパワートレーンも気になるが、なによりターボ車の専用グリルが個性を主張していてかなりグッとくる。

せっかくSUVに乗るのだから、もっとガンガン個性を主張してほしいし、多少武骨なほうが似合っている  

 この追加仕様エンジンは、NA、2Lエンジンなみの高出力・高トルクを発揮し、専用デザインのメッキグリル、専用色アルミ、ルーフレールなど特別装備が用意されている。

 衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ」や、先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速・減速する「アダプティブクルーズコントロール」も標準装備しており、安全、快適装備も充実。

 4WDシステムもこれまで評価の高かった新世代4輪制御システム「ALLGRIP」をそのまま採用。

 6ATの4WD仕様のみで価格は258万6600円ってこれ、かなりお買い得なんじゃなかろうか。なにより精悍で個性的なマスクが大変よいです。

 武骨な感じが好きなSUVファンはぜひ購入候補に入れてみてはいかがでしょうか。本日(2017年7月26日)より発売です。

【エスクード1.4ターボ】

  • 全長4175×全幅1775×全高1610㎜
  • ホイールベース2500㎜
  • 最低地上高185㎜
  • 最高出力136ps/5500rpm
  • 最大トルク21.4kgm/2100-4000rpm
  • JC08モード燃費16.8km/L
  • 無鉛レギュラーガソリン
  • フルタイム4WD
  • 価格 258万6600円

【こちらは従来型の1.6Lエンジン搭載仕様】

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ