アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジの噂の真相

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジの噂の真相

 ミニバンの最上級モデル、「トヨタのアルファード/ヴェルファイアが新型に切り替わる(マイナーチェンジを実施する)」という情報が編集部に入ってきている。

 当初は「東京モーターショーにマイチェン後のモデルが出品されるのではないか」という話だったが、当サイトの取材によると、どうも今回のモーターショーではアルファード/ヴェルファイアのマイチェン後仕様の出品はなさそう。

 しかし「今期中のマイチェン説」は依然として根強い。実際のところどうなのか? マイチェンするのか? しないのか? 

 毎月200店舗のディーラーを回り「生の新車情報」を届けてくれる遠藤徹氏が、各販売店に取材してくれた。

文:遠藤徹 写真:TOYOTA


■10月にオーダーストップ→11月〜来年1月に新型登場?

 首都圏にあるアルファードを扱うトヨペット店とヴェルファイアのネッツ店に両モデルの「年内マイナーチェンジ情報」の存在について問い合わせてみた。

 アルファードを取り扱う都内トヨペット店は、

「確報ではないが、来年(2018年)1月頃にマイナーチェンジするとの情報が流れている。現行モデルの生産販売にはまだ変化はないが、10月いっぱいでオーダーストップになると予想している。

 その頃には改良内容が明らかになると思うが、現時点では内容や細かい時期までは分からない」(営業担当者)とコメント。

 いっぽうヴェルファイアを取り扱うネッツ店は、

「ヴェルファイアのマイナーチェンジが今年度下期の計画に入っているのは間違いない。そこまでは確かに聞いた。ただ時期はまだ特定できていない。

 今年末に発表し、来年早々からの発売になるのではないかと予想している。現行モデルの生産販売状況に変化はない。10月下旬にはネットでメーカーから連絡が入り、現行モデルの在庫調整がスタートするだろう。」(同)

 と、ほぼ同内容のコメントを寄せている。

 来年1月発売の可能性の根拠は、現行モデルの登場時期と関連がある。

 現行型のアルファード/ヴェルファイアは2015年1月26日にフルモデルチェンジし発売になったので、来年1月は丸3年にあたる。マイチェンするには格好の時期といえよう。

 1月には今や東京モーターショーと並ぶクルマ好きのイベント「東京オートサロン」(2018年1月12〜14日、幕張メッセ)も開催される。そこでの新型登場……というシナリオが濃厚になってきた。

若者のあいだでも大人気車種となっているトヨタのヴェルファイア。登場からそろそろ丸3年
若者のあいだでも大人気車種となっているトヨタのヴェルファイア。登場からそろそろ丸3年

次ページは : ■次期クラウンと同じようにアル/ヴェルからもV6が消滅??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ