新生スープラは2018年1月にお披露目される!!!! 登場間近!


 「スープラ復活」というフレーズが、自動車専門誌および情報サイトを何度も駆け巡っている。今秋の東京モーターショーには出品されないことで、「やっぱりスープラ復活なんて夢物語なんじゃないか」とお考えの読者諸兄も多いのではないか。

 しかし当編集部には信頼できる筋から「スープラは復活します」という情報が継続的に入ってきている。

 登場はズバリ、2018年1月13〜28日に開催される北米国際オートショー(デトロイトショー)。

 現在、当編集部が掴んでいる情報を整理してお届けします。

文:ベストカー編集部 写真:ベストカー編集部、TOYOTA、BMW
ベストカー2017年10月10日号


■BMWとトヨタの共同開発で、ベースは新型Z4

 2017年8月にアメリカで世界初公開された新型BMW Z4コンセプト(市販時に「Z5」となる可能性もある)は周知のとおり、次期トヨタスープラの兄弟車だ。

 しかし、Z4はオープン、スープラはクローズドクーペであり(ともに2シーター)、しかもデザインに関してはトヨタとBMWが別に手掛けることとなっているため、似て非なるものになる。

トヨタ次期スープラの本誌予想CG  

 エンジン、シャシーは同じなのでプロポーションは近いものの、ベストカーが入手している情報では、スープラとZ4は前後のデザインがまったく違ったものとなる。

 BMW伝統のキドニーグリルを採用するZ4と、2014年にデトロイトショーで公開されたコンセプトカー、「FT-1」に見られるフォーミュラカーのようなノーズになるスープラでは別物。

 スープラのボディサイズは意外と小さく、全長4380×全幅1860×全高1295mm、ホイールベース2480mm。86よりもホイールベースが90mm短いにもかかわらず、全長は140mmも長い。

 つまり、前後のオーバーハングが長いのがサイドビューの特徴なのだ。車格を大きく見せるためなのか、そのあたりが実車ではどう見えるのか興味深い。車重はZ4同様カーボンを使い、1350~1450kgと軽量。

こちらは2014年のデトロイトショーに出品されたトヨタのコンセプトカー「FT-1」  

■エンジンは3Lターボと2種類の2Lターボ

 リアスタイルはZ4もスープラもかなり凝った形状となる。両車ともにラジエターの位置、マフラー配置などインナーボディを共用するため前後の意匠に共通性があるが、スープラのデザインは特徴的で、ハの字に広がるフロント先端下部の形状をリア下部でも踏襲する。

 プロポーションは同様でもこのあたりの意匠を変えることで、まったくイメージの異なる2台となっているのは両社の狙いどおりということだろうか。

 スープラのエンジンは既報どおりBMW製。トップグレードに直6、3Lターボ、340ps/45.9kgmを搭載し、その下に2種類の直4、2Lターボエンジンを設定する。

 この2Lは255ps仕様と200ps仕様になるというのが信頼できる筋からの情報で、トランスミッションは全車ZF製の8速ATを採用。現時点の情報では3ペダルMTは用意されないということだ。

次期スープラ予想CGのリアスタイル  

次ページは : ■「ゆったり走るGTカー」ではなく……

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ