ホンダ新型N-BOXはどこがそんなにいいの!? 日本一売れてる車をじっくりチェック!!


 ホンダの新型N-BOXが発表されて約1カ月。いきなり2017年8月の車名別月販台数ランキングで1位を獲得しました(ホンダN-BOX 9810台、2位日産ノート9681台、3位ダイハツタント8743台、4位スズキワゴンR 8743台、5位トヨタアクア8174台)。

 9月に入っても販売は好調で、さらにそもそもN-BOXは2017年上半期(1〜6月)累計販売台数でも乗用車、軽自動車合わせて販売台数トップ(10万6230台)。

 この、いま文句なく日本で一番売れてる車の新型を、細かいチェックが大得意な自動車ジャーナリスト、渡辺陽一郎氏がじっくり試乗。

 特に同じ軽自動車の超ハイトワゴンカテゴリーに属す、ライバルのダイハツタント、スズキスペーシア、日産デイズルークス&三菱eKスペースと比較してもらいました。

文:渡辺陽一郎 写真:平野学 モデル:万理華
ベストカー2017年10月10日号


■「走り」はどうか? NA編&ターボ編

 まずは自然吸気エンジンの動力性能だが、ホンダの新型N-BOXは従来型に比べて実用回転域の駆動力が高い。車両重量は軽量化したものの標準ボディで890kgと重く、充分な性能ではないが、従来型ほどの力不足は感じなかった。

 4500回転付近から加速が活発になり、街中の走りなら不満はない。この点、ライバルであるダイハツのタントや日産デイズルークス(三菱eKスペース)よりも力強いが、スペーシアはボディがさらに軽く、NAの走りで選ぶならトップはスズキのスペーシアだ。

 ターボは新型N-BOXが1位だ。低回転域から太いトルクを発揮し、自然吸気の1Lエンジンに近い感覚で運転できる。ただしターボはライバル車も扱いやすいため、あまり大きな差はない。

 新型N-BOXの操舵感と安定性は、従来型(旧型)に比べて大幅に向上した。従来型は後輪の安定確保のために、操舵に対する反応が鈍く、峠道では曲がりにくかった。

 新型はここが改善されており、後輪の安定を保ちながら、動きの鈍さを意識させない。N-WGNに近付いた感じを受けた。

 タントやデイズルークスよりもよく曲がるが、やはりスペーシアはボディが軽く、全高も1735mmとライバルより低いので、新型N-BOXと比べても少し軽快だ。

ホンダN-BOXカスタム。ターボの走りはクラストップレベルとのこと

■乗り心地&乗降性はどうか?

 乗り心地はN-BOXが新型になって粗さを抑えている。カスタムターボの15インチタイヤ装着車は14インチよりも少し硬いが、適度な引き締まり感を伴って不満はない。硬めのスペーシアに比べるとかなり快適だ。

 車内の広さは従来型に近いが、前後席に座る乗員同士の間隔を25mm広げて1175mmとした。

 タントの1120mm、スペーシアの1025mm、デイズルークスの981mmと比べて、N-BOXが最も広い。後席を前方にスライドさせても足元に余裕があり、広げた荷室には子供用の自転車などを楽々と積める。

 またN-BOXは燃料タンクを前席の下に搭載するから荷室の床が低い。荷室の地上高は先代型よりも75mm低い470mmだ。

 これはスペーシアを65mm、タントやデイズルークスを130mm下回り、大人用の自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げずにすむ。

室内の使い勝手も良好。シートスライドが特にすごいN-BOX

次ページは : ■室内のシートアレンジもチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ