ホンダ新型N-BOXはどこがそんなにいいの!? 日本一売れてる車をじっくりチェック!!

 ホンダの新型N-BOXが発表されて約1カ月。いきなり2017年8月の車名別月販台数ランキングで1位を獲得しました(ホンダN-BOX 9810台、2位日産ノート9681台、3位ダイハツタント8743台、4位スズキワゴンR 8743台、5位トヨタアクア8174台)。

 9月に入っても販売は好調で、さらにそもそもN-BOXは2017年上半期(1〜6月)累計販売台数でも乗用車、軽自動車合わせて販売台数トップ(10万6230台)。

 この、いま文句なく日本で一番売れてる車の新型を、細かいチェックが大得意な自動車ジャーナリスト、渡辺陽一郎氏がじっくり試乗。

 特に同じ軽自動車の超ハイトワゴンカテゴリーに属す、ライバルのダイハツタント、スズキスペーシア、日産デイズルークス&三菱eKスペースと比較してもらいました。

文:渡辺陽一郎 写真:平野学 モデル:万理華
ベストカー2017年10月10日号


■「走り」はどうか? NA編&ターボ編

 まずは自然吸気エンジンの動力性能だが、ホンダの新型N-BOXは従来型に比べて実用回転域の駆動力が高い。車両重量は軽量化したものの標準ボディで890kgと重く、充分な性能ではないが、従来型ほどの力不足は感じなかった。

 4500回転付近から加速が活発になり、街中の走りなら不満はない。この点、ライバルであるダイハツのタントや日産デイズルークス(三菱eKスペース)よりも力強いが、スペーシアはボディがさらに軽く、NAの走りで選ぶならトップはスズキのスペーシアだ。

 ターボは新型N-BOXが1位だ。低回転域から太いトルクを発揮し、自然吸気の1Lエンジンに近い感覚で運転できる。ただしターボはライバル車も扱いやすいため、あまり大きな差はない。

 新型N-BOXの操舵感と安定性は、従来型(旧型)に比べて大幅に向上した。従来型は後輪の安定確保のために、操舵に対する反応が鈍く、峠道では曲がりにくかった。

 新型はここが改善されており、後輪の安定を保ちながら、動きの鈍さを意識させない。N-WGNに近付いた感じを受けた。

 タントやデイズルークスよりもよく曲がるが、やはりスペーシアはボディが軽く、全高も1735mmとライバルより低いので、新型N-BOXと比べても少し軽快だ。

ホンダN-BOXカスタム。ターボの走りはクラストップレベルとのこと

■乗り心地&乗降性はどうか?

 乗り心地はN-BOXが新型になって粗さを抑えている。カスタムターボの15インチタイヤ装着車は14インチよりも少し硬いが、適度な引き締まり感を伴って不満はない。硬めのスペーシアに比べるとかなり快適だ。

 車内の広さは従来型に近いが、前後席に座る乗員同士の間隔を25mm広げて1175mmとした。

 タントの1120mm、スペーシアの1025mm、デイズルークスの981mmと比べて、N-BOXが最も広い。後席を前方にスライドさせても足元に余裕があり、広げた荷室には子供用の自転車などを楽々と積める。

 またN-BOXは燃料タンクを前席の下に搭載するから荷室の床が低い。荷室の地上高は先代型よりも75mm低い470mmだ。

 これはスペーシアを65mm、タントやデイズルークスを130mm下回り、大人用の自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げずにすむ。

室内の使い勝手も良好。シートスライドが特にすごいN-BOX

■室内のシートアレンジもチェック

 シートアレンジでは、N-BOXのスーパースライドシートが注目される。助手席に570mmのロングスライド機能を備え、後方に寄せると足元が大幅に広がって後席の乗員とも話がしやすい。

 前方に寄せると、運転席と後席の間をスムーズに移動できる。

 新型N-BOXは「ホンダセンシング」も備わり、緊急自動ブレーキの機能を充実させて、車間距離を自動制御するクルーズコントロールも採用した。機能を幅広く進化させ、背の高い軽自動車では1位の実力を備えている。

新型N-BOXは視界が良好なのも高ポイント

■ライバルたち短評

【ダイハツ タント】

 左側のスライドドアに中央のピラー(柱)を埋め込み、前後ともに開くと開口幅が1490mmに広がる。体を捩らずに乗り降りできて、高齢者にも優しい。

 車内の広さはN-BOXに少し負けるが、助手席を前側に倒すと背面がテーブルになり、子育て世代向けの機能を充実させた。

 走行性能、乗り心地、後席の座り心地は不満だが、プラットフォームを刷新する次期型で向上するだろう。

【スズキ スペーシア】

 N-BOXに比べると車内は狭く、タントのようなワイドに開くスライドドアもない。ミニバン的な実用性は乏しいが、走りをバランスよく高めた。車両重量はスライドドアを備えた軽自動車では最も軽く、動力性能、安定性、燃費が一番優れている。

 標準ボディ車は、JC08モード燃費が32.0㎞/Lに達するなど良好。収納設備も豊富で、日常的な使い勝手のよさが魅力だ。

【日産デイズルークス/三菱eKスペース】

 エンジンはもともと狭いスペースに搭載する三菱iのために開発され、行程寸法が内径を上回るロングストローク型にできなかった。実用回転域の駆動力が乏しく燃費もいまいちで、ターボの燃費数値が自然吸気を上回る。安全装備も遅れている印象だ。

 そのかわり後席の座面はサイズが大きく、座り心地は柔軟。天井に後席用の空調吹き出し口も備わり、セダン的な価値を備えている。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ