日本発売熱望! スバルの新型SUV アセント 新開発エンジンは大注目!!


 スバルの新型SUVがいよいよ発表間近!! 3列シート、7人乗りのニューモデル、アセントが11月28日に、北米ロサンゼルスショーで正式発表を迎える。

 注目の日本導入の行方、そして搭載される新開発の水平対向エンジンが、他車種へ展開する可能性を占う。

文:ベストカーWeb編集部/写真:SUBARU


スバル唯一の7人乗り、アセントはマツダCX-9とガチンコ!!

2014年に絶版となったトライベッカ以来の7人乗りSUV。タイヤサイズも21インチと大きい
写真は「アセントSUVコンセプト」

 アセントは、スバルの吉永社長が東京モーターショーで「11月に発表する」と明言した肝いりの新モデル。

 先に公開されている「アセントSUVコンセプト」は、内装まできっちり作り込まれており、市販型もほぼこのデザインを踏襲する。

 そのサイズは全長5050mm、全幅1990mm、全高1840mmでマツダ CX-9とガチンコの大きさだ。

 シート構成は2+2+3。2列目は2人掛けのキャプテンシートで、3列目が3人掛け。駆動方式は、スバル伝統のシンメトリカルAWDを、トランスミッションにはリニアトロニックCVTを採用する。

 それ以上に注目なのが、この新型アセントに搭載される新開発エンジンだ。

インテリア。2列目をゆったりとした作りとし、3列目は平板な作りで収納時の使い勝手もよさそうだ
インテリア。2列目をゆったりとした作りとし、3列目は平板な作りで収納時の使い勝手もよさそうだ

新開発の2.4L水平対向直噴ターボはマツダを凌駕する性能

 アセントに搭載されるエンジンは、2.4Lの水平対向4気筒ターボ。このエンジンは、アセントで初めて市販化される。

 直噴化された新開発エンジンの最高出力は275ps程度を発揮する見込み。いっぽう、先に直噴化したレヴォーグ等に積まれる2L水平対向ターボの最高出力は300ps。

 この事実からも、新開発の2.4L水平対向ターボは、ピークパワーを狙ったものではなく、より実用域でのドライバビリティを重視したエンジンという方向性ということがわかる。

 ちなみに、ライバルのCX-9が積むSKYACTIV-G 2.5ターボも最大トルク42.8kgmを発揮し、中低速のトルクを重視した味付けとしている。

 スバルの2.4Lターボは、同じ性格のマツダのエンジンを意識し、40kgm超の分厚いトルクを持つエンジンになることが確実。出力の面では、マツダを凌駕するパフォーマンスを持つ。

次ページは : 新エンジンの他車種への展開とアセント日本導入の可能性