アウディQ3シリーズに早くも「RS Q3」が登場!初のスポーツバックも見逃せない!!


 2020年7月に上陸を果たしたアウディのコンパクトSUV「Q3」に、早くもモデル最上位にあたる高性能車「RS」を追加。第2世代となり、全面刷新を図ったQ3シリーズだけに、高性能仕様のポテンシャルアップにも期待が膨らむ。

 何よりもRSシリーズの中でも初となるコンパクトクロスオーバー「スポーツバック」の追加も大きなトピックだ。

 新世代「RS Q3」の基本的な仕様と特徴を分かり易くお伝えしよう。

文:大音安弘、写真:アウディ ジャパン

【画像ギャラリー】新顔も仲間入りした第2世代のアウディRS Q3シリーズ


第2世代のRS Q3シリーズが日本上陸

 アウディ ジャパンは、2020年10月27日、コンパクトSUV「Q3」シリーズの最上位にあたる高性能モデル「RS Q3」及び「RS Q3 スポーツバック」を発売した。

 全車右ハンドル仕様となり、価格は、RS Q3が838万円、RS Q3スポーツバックが863万円となる。

 新しいRS Q3は、2020年7月、日本でもフルモデルチェンジされた第2世代のコンパクトSUV「Q3」がベース。新型Q3では、新たにクロスオーバーSUV「Q3スポーツバック」を追加。それに合わせる形で、RS Q3にも初となるスポーツバックモデルが追加された。

第2世代へと進化したRS Q3シリーズには、クロスオーバーSUV「RS Q3スポーツバック」が加わり、ボディバリエーションが2タイプとなったことも大きなトピックだ

25周年を迎えたRSモデルの最新作

 RSシリーズとは、アウディの標準車をベースに開発された高性能モデル。その歴史は、1994年のアウディRS 2アバントに始まる。

 これまでに様々なRSモデルが投入されているが、それらはアウディのレーシングカー開発などを手掛けるクワトロ社(現:アウディスポーツ社)によって開発生産されてきた。

 その生い立ちが示すように、性能やデザインにモータースポーツからの多くのフィードバックが与えるのも大きな特徴。だからこそ、アウディのスポーツモデルの中でも、最上位のR8同様に特別な存在といえる。

 今回のRS Q3は、ベース車から一新したRSシリーズの最新作に当たる。

RSシリーズの原点、RS2 アバント。アウディ80アバントを基に開発されたスポーツワゴンであった

次ページは : パワフルさを意識したスタイリング

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ