新型アウディA4シリーズ登場!! 新デザインやMハイブリッドなどの魅力が豊富

 アウディの中核的モデルA4が、マイナーチェンジを実施。なんとエクステリアデザインに全面改良ともいえる大幅なブラッシュアップを行うなどイメチェンを図っている。

 もちろん、マイルドハイブリッドや先進機能の標準化など搭載機能も強化。実用性も高められているのが特徴だ。

 モデルラインの見直しも図られた新A4シリーズのポイントを解説しよう。

文:大音安弘、写真:アウディジャパン

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジに匹敵!? 激変したアウディA4


ビックマイナーを実施したアウディA4

 アウディジャパンは、2020年10月7日、ミッドサイズモデル「アウディA4」のマイナーチェンジを実施し、同日より発売を開始した。

 アウディA4は、セダンとステーションワゴン「アバント」、その高性能モデル「S4」、クロスオーバーワゴン「オールロード」から構成されるアウディの主力車のひとつだ。

 新型の価格帯は、セダンが455万円~627万円、アバントが484万円~656万円、S4シリーズが895万円~924万円、オールロードが634万円となっている。

マイナーチェンジを実施した新型A4シリーズ。最大の特徴はエクステイリアの変更だ

徹底的に見直されたエクステリアデザイン

 新型A4シリーズの最大の特徴は、エクステリアの刷新だ。アウディは、その変化をフルモデルチェンジに匹敵する内容というほど。

 今回の改良では、2年前にフラッグシップモデル「A8」で提示した新デザイン言語を採用。スポーティさを高め、ダイナミズムと洗練性が高まったとしている。

 そのためにほとんどの外装パネルの刷新。フロントマスクでは、よりフラットでワイドになった新たなシングルフレームグリルを与えたことで印象を一変させている。

 グリルの格子デザインも変更され、標準タイプがクロスメッシュタイプに、Sラインがハニカム形状にとなるのも大きな違いだ。さらにSラインバンパーでは、サイドにアクセントモールが追加されたことで迫力も増している。

より力強くスポーティとなった新型のフロントマスク

 サイドビューもフロントからリヤへのショルダーラインが、3本ラインで構成される段付きのものとなり、ショルダーラインもフロントからリヤにせり上がるものへと変更されている。これは上級モデルのサイドビューとイメージを重ねたものだ。

 リヤテールでは、LEDテールランプのデザインが変更されると共に、左右のテールランプを結ぶメッキモールを追加し、リヤビューの一体感を高めている。

 さらにリヤバンパーでは、エキゾーストパイプのテールエンドを一体デザインとしたことで、力強さを強調している。

 これらの改良により、セダンとアバントのボディサイズが、わずかに拡大されており、全長は10mm増の4760mm、全幅は5mm増の1845mmとなっている。なお、ホイールベースや全高の変更はない。

リヤエンドのメッキパーツの追加で、質感と重厚さも増している

アウディらしい先進機能を充実化

  先進的な装備が特徴でもあるアウディだが、新型A4では、その点も強化。デジタルデザインを意識したコクピットでは、独自のインフォテイメントシステム「MMIオペレーティングシステム」に進化。

 タッチスクリーンを10.1インチに拡大。センターコンソール上のタッチパッドなどの操作系を廃止した。フル液晶メーターパネル「アウディバーチャルコクピット」も、進化版の「アウディバーチャルコクピットプラス」をベース車を除き、標準化している。

 安全面では、LEDヘッドライト及びテールランプを全車に標準化。またアウディらしいユニークな「マトリクスLEDヘッドライト」も採用し、カメラによるセンシングを活かした細やかな調光や配光切り替えなども行う。

 リヤテールには、流れるウィンカーである「ダイナミックターンインディケーター」も備えられた。

 先進の安全運転機能が全車で標準化されたこともトピック。衝突被害軽減ブレーキ「アウディプレセンスシティ」を全車に標準化。

 さらにベース車を除く、全車にACC、車線内維持ステアリングアシスト、後側方接近車警報、リヤカメラなど充実の安全機能を標準搭載するようになっている。

マイルドハイブリッドによる効率化

 パワートレインでは、主力となる2.0Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンを12Vマイルドハイブリッド仕様に進化。

 これは、クランクシャフトに接続されたベルト駆動式オルターネータースターター(BAS)によるエネルギー回生とスターターモーターの役目を担うもの。

 またエンジンのスムーズな始動に加え、走行中のコースティング(惰性走行)からの復帰にも活躍する。その結果、100km走行あたり最大0.3Lの削減効果を生むという。

主力の2.0Lターボエンジンには、シンプルな12Vのマイルドハイブリッドを搭載。燃費削減に威力を発揮する

 搭載されるパワーユニットは、前輪駆動となる「35 TFSI」用の150ps/270Nm仕様と4WD車となる「45 TFSI」と「オールロード」に搭載される249ps/370Nm仕様のマイルドハイブリッド仕様の2.0L直列4気筒ターボに加え、「S4」専用の354ps/500Nmを誇る3.0LV6ターボの3タイプを用意する。

 トランスミッションは、A4とオールロードは、DCTの「7速Sトロニック」、S4はATの「8速ティプトロニック」をそれぞれ組み合わせる。

 なお、日本での人気が高いクリーンディーゼルエンジンは、2021年初頭の導入を予定しているとのことだ。

選びやすいグレード構成に

 新A4では、グレード構成も一新。より分かり易いものとなった。セダンとアバント共に、装備を簡素化したエントリーグレード「ベース」、アウディらしい先進機能を強化した「アドバンスド」、スポーティな「Sライン」の3モデルで構成される。

 前輪駆動車の「35 TFSI」は、「ベース」、「アドバンスド」、「Sライン」の3タイプを設定。4WD車となる「45 TFSIクワトロ」は、「アドバンス」と「Sライン」の2タイプとなる。

 まさに、装備や駆動方式の選択が定まれば、グレードが限定される分かり易い構成だ。特にスポーティ仕様の「Sライン」がグレード化されたことで、スポーティ仕様のA4の姿が増えそうだ。

 一方、クロスオーバーワゴン「A4オールロード」と高性能モデル「S4」はモノグレードとなるが、装備内容はかなり充実している印象だ。

 またS4については、セダンとアバント共に、左ハンドル仕様が選択可能な点は、熱心な欧州車ファンから歓迎されるだろう。

ハイパフォーマンスモデル「S4」では、左ハンドルの選択も可能だ

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジに匹敵!?激変したアウディA4

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ