またアウディが世界初技術搭載 新型Q5は2021年春頃日本で販売開始!!


 アウディはSUVブームが到来する前から、SUVのラインナップを強化してきた。現在アウディは、Q2、Q3、Q5、Q7、Q8というSUVのラインナップを誇るが、Q5はQ7に次ぐ2番のアウディSUVとして2008年に初代モデルがデビュー。

 現行の2代目が本国デビューを果たしたのは2017年で、日本では同年9月から販売を開始している。

 2019年には、クリーンディーゼルを搭載したQ5 40 TDIクワトロを追加。アウディが日本で初めてクリーンディーゼルを販売する車種に選んだことからも、アウディにとってQ5が重要な車種であることがわかる。

 そのアウディQ5が大幅なアップデートを受け、2020年6月29日にドイツ本国で正式に発表された。

文:ベストカーWeb編集部/写真:AUDI

【画像ギャラリー】日本導入は今秋から!! 新型アウディQ5はどう変わった? 新型と従来型を見比べてみよう!!


Q5はプレミアムSUVとして欧州で大人気

 アウディQ5は欧州マーケットではプレミアムミッドサイズセグメントで何年にもわたってベストセラーSUVの1台であり続けている人気モデルだ。

 Q5は全長4860×全幅1890×全高1660mmのミッドサイズSUVのプレミアムSUVとして認知されている。

 大幅なアップグレードが施された新型Q5についてどのような変更が加えられたのかを具体的に見ていく。

アウディのミッドサイズプレミアムSUVのQ5は2017年から日本で販売。人気の40 TDIクワトロは649万円と高価だが人気(写真は販売中のモデル)

エクステリアデザイン

 新型Q5ではアウディのデザインアイデンティティともいえる八角形のシングルフレームが従来モデルに比べてフラットで幅広い形状に変更されている。

 加えてサイドエアインテークは高さが増し大型化、台形をモチーフとした新デザインとすることで精悍さが増している。

ひと目で従来型との違いがわかる新型のフロントマスク。デイタイムランニングライトのデザインが変わったことで顔つきがまったく違う

 アウディといえば、真っ先にデイタイムランニングライトを採用し、フロントマスク革命を巻き起こし、多くのメーカーに影響を与えてきたが、新型Q5でも新しいライトシグネチャーを備えたデイタイムランニングライトが採用されている。

 デザインの見直しにより最低地上高が高くなったこと、リアに新デザインのディフューザーを採用したことにより、軽快感とスポーティ感が増しているのもポイントだ。

 リアデザインで注目したいのは、リアライトにデジタルOLEDが世界で初採用された点だろう。

リアライトにはOLEDを世界初採用。アウディは灯火類の世界初技術を積極的に採用し、他メーカーに多大なる影響を与えている

 OLEDは均一な光面を生成する非常に高効率な有機発光ダイオードで、新型Q5では標準ではなくオプションでっていとなっている。6つのセグメントから構成される3つのタイルに分割されている。

 先進技術を積極的に採用するアウディがまたまたやってくれた。今後のトレンドになることは間違いないだろう。

 アウディQ5のエクステリアデザインは、パワー、堅牢性、安全性を表現した力強い「Q」アイデンティティが最大の特徴となっているが、新型ではさらにそれが強調されている。

OLEDを採用した新型Q5は写真のとおりいろいろな発光の仕方をする。まるでクルマが意志、感情を持っているかのようだ

次ページは : インテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ