レクサス 新型IS発売! FRスポーツセダン復権を標榜 価格据え置きで全方位進化


 2020年6月にワールドプレミアされた新型レクサスISが、11月5日に発売を開始した。

 レクサスISは、コンパクトFRセダンとして「クルマを操る楽しさ」を追求してきた。当然ながらこのクラスの世界的なベンチマークであるメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズがライバルとなる。

 ISは1999年に初代モデル(日本では未発売でアルテッツァベース)が誕生し、欧州、北米をはじめ、グローバルに販売され2020年10月末現在で、20年以上にわたって約110万台を販売してきた。

 日本では先代モデルから正式に販売開始となったが、正直なところ、現行モデルは先代ほどの人気モデルとなっていない。

 デビューから7年経過してのビッグマイチェンは、フルモデルチェンジに匹敵する内容となっている。

 レクサスはミドルクラススポーツセダンのGSが絶版となってしまったため、今まで以上に重要なポジションとなったISの復権はあるのか!?

文/ベストカーWeb編集部、写真/LEXUS

【画像ギャラリー】仰天進化のレクサスIS 内外装のクォリティが半端ないレベルで欧州勢にとっても脅威


エクステリア

GSが消滅した現在では、ISの使命はそのユーザーのカバーまで含まれる。スポーツセダン復権に向け、ビッグマイチェンを敢行

 新型ISのボディサイズは全長4710×全幅1840×全高145mmで、旧型に比べて全長と全幅がともに+30mm、全高が+5mm大きくなっている。

 全長の延長ぶんであるフロントオーバーハングが30mm延長され、ヘッドランプ上端は43mm下げられているので、数字以上にローフォルムに見えるのも特徴だ。

 リアでは、全高は5mmアップしているものの、リアクォーターピラーが15mm、トランク上面が31mmダウンされていることでスポーティな印象を与える。

 ワイド化された全幅は、大径タイヤを履くためで、フェンダーフレアが左右15mmずつ拡幅されている。これにより正面から見た時のワイド&ローフォルムが際立っている。

全幅は30mmワイドになっただけだが、旧型を凌駕する存在感。新型ISはワイド&ローフォルムを徹底したデザイン

 エクステリアに関しては、フロントキャビン、Aピラー、Bピラー以外はすべて新設計で、レクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルは大型化され、旧型に比べてより精悍さ、押し出し感とも増している。

 リアでは左右をなだらかなアーチ曲線でつないだ新型のリアコンビランプも目を引くアイテムと言える。

 ボディカラーは新色4色(ソニックイリジウム、ソニッククロム、セレスティアルブルーガラスフレーク、ラディアンレッドコントラストレイヤリング)を含めて全10色をラインナップしている。Fスポーツ専用色は3色だ。

左右のリアコンビをなだらかなアーチ曲線で結んでいる美しい新型ISのリアビュー。トランク上部の位置は大きく下げられてスポーティ感を演出

インテリア

 インテリアデザインは基本的に旧型と変わらないように感じるが、センターコンソール、センターのエアコンの吹き出し口以外はデザインや素材が変更されている。

 インパネからドアパネルアッパーまでをツートーンカラーとしたことで、左右のワイド感を強調すると同時に高級感も演出している。

センターコンソールとセンターのエアコン吹き出し口以外は手が加えられて刷新された新型ISのインテリア。写真はオーカーのインテリアカラー

 マルチメディアシステムが新たにタッチディスプレイに変更され、スマートフォンと連携させることができるようになったのも見逃せない。

 レクサスはインテリアデザイン、素材の使い方などで新境地を開き、その質感の高さには定評があり、それは新型ISにも受け継がれ、非常に満足度の高いものに仕上げている。

 インテリアカラーもふんだんに用意されていて、バージョンL/IS300h/IS300にはオーカー、ダークローズ、ブラック、Fスポーツにはホワイト、フレアレッド、ブラックのそれぞれ3色が設定されている。購入の際に迷うのは間違いない。

眩しいほど鮮やかな赤がカッコいいフレアレッドのインテリアカラーはFスポーツの専用色。赤と黒のコントラストも美しい

次ページは : パワートレーン&グレード

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ