eKカスタムに4番目の「ACTIVE GEAR」設定!!世界最速試乗!

 2017年12月21日、三菱のヒット企画「ACTIVE GEAR」シリーズに初の軽自動車、eKカスタムが加わりました。本記事ではその特別仕様車を紹介いたします。

文:ベストカーWeb編集部 写真:池之平昌信


■出かけたくなるハイトワゴン

 「ACTIVE GEAR」はオレンジ色をアクセントカラーとして、アウトドア用品の「ギア感」を表現した特別仕様車で、これまでデリカD:5、アウトランダー、RVRに設定され、それぞれでヒットしていた。

 今回4車種めにして軽自動車として初めて、eKカスタムにACTIVE GEARが設定された。

【特別装備】(ベースはT Safety Package)

・専用フロントグリル(オレンジ色のアクセントライン入り)
・専用色のLEDターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー
・(ブラック塗色)15インチアルミホイール
・「ACTIVE GEAR」専用デカール
・オレンジのステッチを採用した本革巻ステアリングホイール
・専用パッケージオプションを用意(アルミホイールデカール、専用フロアマット)

 当編集部ではこの特別仕様車の発表日当日(12月21日13:30)にこの広報車を借り出し、都内で試乗。その実力は……えーと、普通(オイ!)。

 それもそのはず、「ACTIVE GEAR」は外板パーツやインテリアの装飾のみの変更なので、走行性能はノーマルのまま。ただもともとの素性がよいのでストレスなく乗れた。ちゃんとしっかりした軽自動車という感じ。

 eKカスタムは2013年6月にデビューしたハイトワゴン系の軽自動車で、eKワゴンのカスタム版(日産でもOEM販売しており、そちらはデイズ/デイズハイウェイスター)。

 デビューから4年半経過しているものの古さは感じられず、使い勝手も高い。ちょっと出かけてみたくなる軽自動車でした。

 価格は2WDが165万9960円、4WDが176万6880円。やや高めだが、ベース車のT Safety Packageは同車の最高級グレードで、予防安全技術e-Assist、オートマチックハイビーム、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)が装備された、いわゆる「全部盛り」。

 ヒットしているデリカD:5やアウトランダーと同じく、eKカスタムでも販売の中心グレードとなりそう。

 さまざまな事情で「軽自動車が必要」という方で、「それでもオシャレで出かけたくなるモデルがいい」という方に、ぜひ。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ