ヴェルファイア/アルファードがマイチェン 「顔」がさらにど派手に!

 2017年12月25日、トヨタはフラッグシップミニバン、ヴェルファイアとアルファードのマイナーチェンジを発表しました。発売は2018年1月8日から。本稿では変更点のみ紹介します。

文:ベストカーWeb編集部


■安全装備の大幅向上とフロントマスクの変更

 2015年1月に現行型が登場しているヴェルファイア/アルファード。丸3年を迎えるタイミングで、かなり大きめのマイナーチェンジを実施した。

新型アルファード
新型アルファード

 具体的な変更点は以下のとおり。

・予防安全装備パッケージ「Toyota Safety Sence(第2世代)」を全車標準装備化
・フロントマスクをさらに派手に変更
・V6、3.6L仕様を6ATから8ATに
・組み立て時の接着剤の見直しによる剛性感と操縦安定性、乗り心地を向上
・月販目標はヴェルファイア(ネッツ店)4500台、アルファード(トヨペット店)3600台
・2018年1月8日発売で、店頭発表会は1月20〜21日
・オススメグレードはヴェルファイアV “Lエディション”(ハイブリッド仕様)552万9600円

こちらは新型ヴェルファイア
こちらは新型ヴェルファイア

 ネッツ店&トヨペット店の稼ぎ頭となっているヴェルファイア&アルファード。この年末年始(初売り)の目玉商品となっており、拡販を狙っているそうです。

 来春にはこの、さらに派手な顔のヴェルファイア&アルファードが街中でよく見かけるようになるでしょう(写真で見るより実物のほうが数倍びっくりします)。

アルファードの内装。さすがに豪華絢爛
アルファードの内装。さすがに豪華絢爛
写真の撮り方でかなり迫力が変わるのがポイント。ちなみにこれはアルファード
写真の撮り方でかなり迫力が変わるのがポイント。ちなみにこれはアルファード。クセがすごい

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ