フリード ModuloXは標準車よりも70万円アップ!? ドリキンがこだわった”走りの良さ”とは?

 ホンダの人気コンパクトであるフリード。最新のモデューロと同時に発売となったのがホンダアクセスが手がけた「Modulo X」。

 ステップワゴンなどにも設定されているグレードだが、フリードでは標準車よりも70万円も価格があがる。そこにはいったいどんな価値があるのか? 試乗して迫ります。

文:ベストカー編集部/写真:西尾タクト、池之平昌信
ベストカー2018年1月26日号


■ドリキンがこだわった”走り”のよさ

 フリードにモデューロXが追加された。モデューロXといえば、ホンダの純正部品メーカー、ホンダアクセスがチューニングしたコンプリートモデル。

 ステップワゴンやN-BOXで好評を得て、今回のフリードでの展開になった。ミニバンはどうしても重心高が高く、大勢乗った時のために、サスペンションも柔らかめの設定になることが多い。

 フリードモデューロXは土屋圭市氏を開発アドバイザーに起用し、走りを磨いたモデル。頑固で野武士のような開発陣が、じっくりと作り上げたモデル。

 単にサスペンションのチューニングにとどまらず、エアロダイナミクスにこだわって、専用のフロントエアロバンパーやフロントグリル、アンダーカバーを装着している。

ドリキンが監修したとなればその走りのよさには期待をしてしまうのは当然だ
ドリキンがアドバイザーとなればその走りのよさには期待をしてしまうのは当然

 特にフロントエアロバンパー下にあるエアロガイドフィンとディフューザー形式に特徴のあるリアロアスカートによって4輪の接地バランスが最適化されていて、高速道路や横風の強い橋の上などで、直進安定性の違いを見せる。

 また、よくいい乗り味を「しなやか」と表現するが、モデューロXのそれは繊細さも加わった高級感を感じさせるもの。サードシートに乗った時の乗り心地で、基準車との違いがわかるはずだ。

フワフワしたミニバンの走りをシャキッと締める。それだけに70万円の価値がある!?
ホンダの鷹栖テストコースを走り込むなど徹底した開発を考えると70万円アップは妥当かも

 価格はベースモデルに比べると70万円以上高いが、カスタマイズメーカーのエクステリアパーツを装着し、乗り味をチューニングすることを考えるとリーズナブルな価格設定といえそうだ。

 なお基準車同様1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドがラインアップされ、6人乗りと7人乗りが選べ、フリードプラスには設定されない。

 価格こそ高いもののステップワゴンなどでもモデューロXは売れている。それはミニバンオーナーでも少し走りにこだわりたいというオーナーや、大勢が乗ったときにもフラフラしない安全性を追い求めたオーナーが多いという背景もあるようだ。

シートはModulo Xオリジナルの刺繍入りだ
シートはModulo Xオリジナルの刺繍入りだ

【フリードModulo X専用装備】

  • フロントグリル
  • フロントエアロバンパー
  • サスペンション
  • 15インチアルミホイール
  • LEDフォグライト
  • フロントビームライト
  • ブラックドアミラー
  • リアロアスカート
  • サイドロアスカート
  • テールゲートスポイラー
  • ブラック&モカコンビシート
  • ピアノブラック調インパネミドルエリア
  • 本革巻ステアリング

【フリードモデューロX ホンダセンシング価格】
283万680円〜315万2520円

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ