小さなフレンチホットSUV!?DS 3クロスバックに特別仕様車「パフォーマンスライン」を追加

 フランスのラグジュアリーブランドDSのコンパクトSUV「DS 3クロスバック」に、特別仕様車「パフォーマンスライン」が登場。ビジュアル面をスポーティに仕立てただけでなく、なんとエンジン性能も強化という。

 DSが提案する、新感覚スポーツハッチともいうべき特別仕様車の内容とは?

文:大音安弘、写真:グループPSAジャパン

【画像ギャラリー】エレガント&パワフルな特別仕様車!DS 3クロスバック パフォーマンスライン


高性能な特別仕様車「パフォーマンスライン」登場

 グループPSAは、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUVであるDS 3クロスバックに、特別仕様車「パフォーマンスライン」を設定した。右ハンドル仕様のみで、価格は436万円となる。

 DS 3クロスバック パフォーマンスラインは、DS 3の上級グレード「グランシック」と基本的な装備を共有しながら、内外装のスポーティさを高めるだけでなく、エンジン性能の向上も図っているのが大きな特徴だ。

扱いやすいDS 3クロスバックにスポーツなキャラクターを与えた特別仕様車「パフォーマンスライン」

スポーティ&クールな内外装

 フォーミュラEで活躍するレーシングチーム「DS TECHEETAH Formula E」にインスパイアされたという内外装は、DSのラグジュアリーさに、モータースポーツ由来のスポーティさを取り入れた新感覚のもの。

 エクステリアでは、フロントグリルをマットブラックとすることで精悍な顔つきとし、さらにオニキスブラックの18インチホイールやブリリアントブラック仕上げのリヤガーニッシュなどの色合いが異なる黒のアクセントを加えることで、よりクールな装いに。また個性的な演出として、左右非対称のエキゾーストエンドも採用したという。

異なる黒のアイテムを取り入れることで、レーシーな雰囲気を演出するエクステリア

 よりスポーティさの高まりを感じさせるのが、インテリアだ。ダッシュボードパネルやドアトリムなどに、積極的にアルカンタラを採用。

 シートは、アルカンタラ、テップレザー、ファブリックを組み合わせたトリプル仕様のもので、DSらしい質感の高さを守りつつ、スポーツドライブに適したフィット感を高めている。

 またステッチには、パフォーマンスラインのイメージカラーであるカルマン(カーマインレッド)とゴールドに統一することで特別感も演出した。

上品なインテリアだが、アルカンタラなど専用仕様とすることでスポーティさを高めている

最大の特徴は専用チューンエンジン

 特別仕様車の大きな特徴となるパワートレインには、1.2Lの直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載するが、カタログモデルのガソリン車とは大きく仕様が異なる。

 コンピューターマッピングの変更に加え、ターボチャージャー、インジェクター、排気バルブ、コネクティングロッドのベアリングなどを専用設計に変更。

 これによりカタログ仕様比で、最高出力が+25psとなる155ps、最大トルクが10Nmとなる240Nmまで向上。しかも最高出力と最大トルクの発生回転数は、カタログ仕様と同等となるため、より力強い走りが期待できる。

トランスミッションは、8速ATを組み合わせる

 パフォーマンスラインのエンジンは、グループPSAのコンパクトプラットフォームCMPの搭載エンジンで、最もパワフルな仕様という点も見過ごせない。

 これまでアバンギャルドなデザインではあるものの、上品さが際立っていたDS 3クロスバックだったが、パフォーマンスラインの登場でスポーティという顔も持つことになる。

 価格面でも、DS 3グランシックの10万円高に留められているので、性能と価格のバランスも良い。最新DSモデルとして初のスポーツモデルとなるだけに、従来のDSユーザーやフレンチファンなどからも注目されそうだ。

【画像ギャラリー】エレガント&パワフルな特別仕様車!DS 3クロスバック パフォーマンスライン

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ