【フランス流超個性派コンパクトSUV】 シトロエン DS3クロスバック登場!!!

 シトロエンから独立した上級車ブランド「DSオートモビルズ」。そのDSからコンパクトクロスオーバーSUV、「DS3クロスバック」が6月26日に登場した。

 SUVらしからぬ軽快な走り・乗り心地を、試乗レポートにてお届けする。

※本稿は2019年8月のものです/2019年7月30日に試乗
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■ミニ・クロスオーバー アウディQ2を向こうに回す新世代SUV

 このDS3クロスバックは、PSAグループの新開発プラットフォーム、「CMP」を採用した初弾モデル(今後、新型プジョー208などでも採用予定)。

SUVとしては背の低いコンパクトなキャビンで、クーペのような造形が特徴的

 カテゴリーとしてはコンパクトSUVのなかでもより上級に位置し、国産車ならCX-3やヴェゼル、輸入車ではアウディQ2とBMWミニクロスオーバーがラップしてくる。

 あたかもモダンアートの彫刻を思わせるエクステリアはDSらしく個性的で、キャビンのコンパクト感が印象に残る。

リアビュー

(画像ギャラリー)姿も走りも個性的!? DS3クロスバックのエクステリア&インテリアをもっと見る

 搭載するのは130㎰/23.4kgmを発揮する1.2L直3DOHCターボで、トランスミッションにはPSAグループのBセグモデルとしては初の8速ATが採用されているのがポイントだ。

日本では130ps/23.4kgmを発揮する直3、1.2Lピュアテックターボのみとなる。フランス本国ではこのほか、ディーゼルもラインナップ

 さっそく街中に出てみると、走り出しから1.2Lターボの低速トルクが充分に出ていることが感じられ、SUVにありがちな腰高感もない。

 アクセルを踏み込んでいき、車線変更する際もフランス車らしい軽快感があり、このあたりは新世代CMPの効果であることを実感できた。

 価格はグレード別に「Be Chic」が299万円、「So Chic」が357万円、Grand Chicが404万円となる。

リアシートの居住性は身長170cmの担当が乗り込んだ場合、正直レッグスペースにさほど余裕はなかった。やはり全長4120mmというコンパクトなサイズ、クーペ風のデザインゆえか
撮影車のインテリアは「バスチーユインテリア」という名称。バスチーユはフランス革命発端の地
通常のラゲッジ容量は350L(VDA法)

■DS3クロスバック主要諸元(Grand Chic)
・全長:4120mm
・全幅:1790mm
・全高:1550mm
・ホイールベース:2560mm
・車重:1280kg
・エンジン:直3、1.2L DOHCターボ
・総排気量:1199cc
・最高出力:130ps/5500rpm
・最大トルク:23.4kgm/1750rpm
・WLTCモード燃費:15.9km/L
・価格:404万円

(画像ギャラリー)姿も走りも個性的!? DS3クロスバックのエクステリア&インテリアをもっと見る

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ