なぜ出力ダウン!? 4年ぶり復活のスズキ ハヤブサが抱える苦悩と革新性

スズキ新型ハヤブサが4年ぶりに国内復活! 最高出力9psダウンの理由とは?

 3月19日にスズキが4年ぶりに国内仕様の2021年型ハヤブサを正式発表した。ハヤブサはスズキのフラッグシップモデルだったが、国内仕様は2017年型で生産終了。それがこの4月7日から日本のユーザーに新車販売が再開されることになったのだ。

 一方で、「世界最速のバイク」という称号がウリだったハヤブサは、欧州などで最高出力を従来型の197psから190psに7psダウン。そして、今回新たに発表された国内仕様の最高出力は188psと発表され、9psのダウンが確定した。ここではその理由とともに新型の概要も解説したい。

文/市本行平(Webike)、写真/SUZUKI、KAWASAKI

【画像ギャラリー】新型ハヤブサのカラーオーダープラン全18色はこちらへ


ターボや6気筒エンジンも検討されていた新型ハヤブサは最終的に正常進化ヘ

 まず、ピークパワーの低下は決してネガティブな話ではない。新型ハヤブサが従来の197psから188psになったところで、その違いが分かるライダーはごく一部のプロのみ。もちろん公道走行ではプロでも気にならないレベルの出力ダウンと言えるだろう。ただし、新型ハヤブサを開発し、リリースするスズキにとっては一つの決断だったということは想像に難くない。

 ハヤブサは1999年にデビューし、実速度で300km/hを超えた最初の公道走行可能な市販車だった。速さ=パワーというのはライダーの頭の中にある図式で、1psのカタログスペックに一喜一憂するのはバイク好きの性とも言える。特にハイパフォーマンスモデルを好む層にとってはパワーは価値にも直結するのだ。

新型Hayabusa(ハヤブサ)。国内は650台が販売目標では4月7日に発売。銀が216万7000円、写真の黒と白が215万6000円だ。欧州が190psで国内が188psなのは計測方法等の違いで仕様は同じ

 なので「パワーを落とすとユーザーが離れるのではないか?」とスズキの開発者は悩んだに違いない。スズキグローバルの公式YouTubeチャンネルにある新型ハヤブサの開発者インタビューでは、ターボ付きや排気量アップ版、6気筒エンジンまで検討されたというから、当初はパワーも重視していたのは間違いない。

 しかし最終的に新型ハヤブサは、従来型のエンジンをベースとした正常進化を果たした。排気量も維持されたことから、ユーロ5及び国内の令和2年排出ガス規制に対応するために出力を落とさざるを得なかったはずだ。それでも、10年以上に渡り次期ハヤブサ像を模索し続けた開発陣がこのような方針を採ったのには、理由があるのだ。

国内最終の2017年型隼(ハヤブサ)。価格は160万9200円で最高出力は197psを発揮。2008年型を踏襲していたため、電子制御がABSなどわずかしか投入されていなかった

最高出力を抑えたことで本体200万円切りを達成! 188psは出力特性と販売価格でメリットに

 従来型からの9psダウンに対応しようという場合、様々な問題が発生する。一般的には、排ガス規制対応と出力を両立させるためには排気量を拡大することが多い。しかし、ハヤブサは2008年型で40cc程アップしておりそのキャパシティは限られている。また、排気量や出力がアップした際は耐久性も向上させなくてはならず、エンジンが大きく重くなることにも繋がってしまう。

 これらを解決するために新しくエンジンを開発すると今度は販売価格に跳ね返ってくる。特にハヤブサのエンジンは多機種展開されていないので、開発費はハヤブサ単体で回収しなければならない。すでに197psもある中で9psを維持するためにそこまでするのであれば、「なるべく販売価格を抑える」、「他の部分の開発に予算を回す」。こういった判断となるのは自然な流れだ。

初代の1299ccモデルから新型までを比較した出力特性グラフ。この一枚に新型ハヤブサのコンセプトが凝縮されており、初代(1st)をトレースするような谷のないトルクカーブが再現されている

 それでも新型ハヤブサの開発陣はタダでは起きない。ピークパワーをダウンさせた分で常用域のトルク特性を改善させているのだ。排ガス規制を通しながら、出力特性を維持して最高出力を上げるというのは至難の業なので、むしろ最高出力では無理せずにトルク特性を重視。新型ハヤブサの真骨頂は超絶加速であって、最高速ではない。全くよどみなく加速し続ける性能はこれぞハヤブサ! という開発陣の思いがここに込められているだろう。

 新型ハヤブサの国内での本体価格は196万円~となり、国内最終型の149万円(8%税込み160万9200円)に比べるとプラス約50万円と大幅に値上がりしている。待望の電子制御を獲得し、足回りやスタイルを全面的にアップデートしたとは言え、これ以上の価格上昇は避けたかったはず。スズキは、ユーザーのことを考えて取捨選択をした上でできる範囲で真面目に改良を施し、本体200万円を切る価格を執念で達成したのだ。

右から初代、2代目、最新2021年型まで3世代が勢揃いしたハヤブサ。それぞれの時代に合わせながら変化しつつ伝統を継承していく姿がここにある

次ページは : 新型ハヤブサは最新の電子制御「S.I.R.S.」を採用して現代に通用するマシンに