伝説のYZF-R7が蘇る!! レースホモロゲモデルがまさかの2気筒で復活しそうなナゼ

 スクープ! ヤマハのスーパースポーツ・YZF-Rシリーズに久しぶりのニューモデルが登場しそうだ。688ccの排気量からネーミングはYZF-R7と考えるのが順当だが、外観はYZF-R6に近そう。R7もR6も現在は発売されていない過去のモデルで、その空白を埋める待望のミドルクラスだ。

 近年、スーパースポーツは1000ccモデルに比重が傾いているが、そこに新たに提案されるミドルクラスに勝算はあるのか? マシンの具体像とともに探ってみたい。

文/市本行平、CG/SHIN GRAPHIC、写真/YAMAHA、APRILIA

【画像ギャラリー】新型YZF-R7と懐かしの旧YZF-R7に隔世の感あり


エンジンは2気筒! これまでなかったお手軽スペック、お手頃価格の大型スポーツモデルだ

 2021年にヤマハがYZF-R7を出すという情報をキャッチ。YZF-R7と言えば、1999年に500台限定で発売されたレース対応のホモロゲーションモデルがあった。ところが、来年登場するであろう新型YZF-R7はかつてのガチレースモデルに対して真逆の存在だという。

 外観こそYZF-R6似のスーパースポーツだが、中身はスポーツネイキッドのMT-07なのだ。つまり、新型YZF-R7は鉄パイプフレームに並列2気筒エンジンを搭載したMT-07をフルカウルで包んだモデルで、これまでありそうでなかったお手軽スポーツモデルなのである。

編集部が予想する新型YZF-R7の姿はこれ。YZF-R6似のスーパースポーツで中身はフレンドリーなMT-07となる(CGイラストは編集部が制作したもの)
1999年に発売されたレース用ホモロゲーションモデルのYZF-R7。標準でオーリンズ製サスペンションが装着されるなど、サーキットでの戦闘力を第一に開発されていた

 今なぜこのようなモデルが登場するのかというと、まずガチモデルの価格が高騰してしまっている現実がある。例えば、新型YZF-R7と同じ排気量帯のYZF-R6(600cc)は2020年型が約160万円。これは、10年前の40万円高で当時のYZF-R1(1000cc)と同じ価格だ。

 また、現行のYZF-R1について言えば、標準グレードで約236万円、上級グレードは約320万円というプライスにまで上昇。しかも性能はひと昔前のグランプリマシン並みと言えるもので、技量や経済力で乗り手をかなり選ぶものになってしまっている。

最終型になってしまったYZF-R6の2020年モデル。YZF-Rシリーズは125ccから1000ccまで揃えられており、R6の空席に新型YZF-R7が座ることになるだろう

 それだけに、大型YZF-Rシリーズにエントリーしやすいモデルが必要となっており、新型YZF-R7の価格は100万円以下と比較的リーズナブルなものになると予想される。性能面でも一般ライダーにとっては必要十分なパワーを発揮し、シャーシもストリートでスポーティな走りを楽しむのに不足ないレベルと言える。

 さらに新型R7は、軽量でコンパクトなことから乗り手の体格を選ばず、多くのライダーに受け入れられるだろう。それでいて本格的なスーパースポーツスタイルを実現しているとなれば、人気モデルになるのは間違いないだろう。

新型YZF-R7のベースになると思われるMT-07の2021年モデル。400cc並みの軽量コンパクトさで幅広い人気がある。新型は排出ガス規制に対応するとともにデザインを一新した

ヤマハが2気筒エンジンの新型YZF-R7を出す勝算は? 

 新型YZF-R7は、かつてのYZF-R7やYZF-R6のポジションに立とうとしている。YZF-R6の並列4気筒エンジンはリッター200psに迫る高回転高出力を発揮したが、新型YZF-R7のベースとなるMT-07の並列2気筒エンジンはリッター100ps強と半分程度の性能でしかない。果たして勝算はあるのだろうか? ヒントは現在の400cc/250ccスポーツモデルにあるだろう。

写真はYZF-R6。アルミの高剛性フレームが並列4気筒エンジンを抱きかかえるレイアウトはスーパースポーツの定番で、排気量は小さくても開発費は1000ccクラスと変わらないという

 1980年代のバイクブームでは、400ccや250ccモデルまで並列4気筒エンジンを搭載し、いつしか日本メーカーのスポーツバイクでは当たり前の装備になっていった。これが、今ではむしろ4気筒の方が少数派で、400ccフルカウルスポーツモデルのベストセラーは並列2気筒のニンジャ400だったり、250ccでもYZF-R25やCBR250RRなど2気筒モデルが中心だ。

 中にはカワサキのZX-25Rのように、あえて並列4気筒モデルを出してくる例もあるが、これは2気筒モデルが中心になっているからこそできる差別化だろう。

250ccスポーツのヒットモデル・YZF-R25。デビューした2015年から2017年までクラストップの国内セールスを記録した。写真は2021年モデルだ

 新型YZF-R7は、すでに400ccや250ccで当たり前になっていることを大型バイクで展開するだけなのだ。これまで大型のフルカウルスポーツモデルが並列2気筒エンジンで大きな成功を収めた例はないが、ヤマハはYZF-R25でベストセラーを達成した実績があるだけに自信があると思われる。

 今は絶対的な性能よりも手が届きやすい価格で売られていて「カッコいい」と支持されるモデルの方が市民権を得やすい時代なのだ。

ヤマハの並列2気筒エンジンは、ただの2気筒じゃない

 新型YZF-R7のベースとなるであろうMT-07のエンジンは、CP2とも呼ばれるヤマハ独自の設計思想で開発されたものだ。CP=クロスプレーンコンセプトの2気筒版で、モトGPで活躍するYZR-M1のエンジンと同じクロスプレーンクランクシャフトを採用しているのだ。

 CP2について言えば見た目は並列2気筒エンジンだが、クランクシャフトを90度ねじった形にしており、実質90度Vツインエンジンと同じ爆発をするようになっている。

 ヤマハの説明によるとクロスプレーンコンセプトとは「慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す」設計思想で、直接路面を捉えているような感覚が得られるという。

 この効能はYZR-M1やYZF-R1がサーキットで証明しており、新型YZF-R7でもクロスプレーンコンセプトのエンジンが武器になるはずだ。絶対性能はYZF-R6には及ばないものの、大型バイクのスポーツライディングをより親しみやすくしてくれるだろう。

新型YZF-R7が搭載するであろうMT-07に搭載されているCP2エンジン。並列2気筒688ccで最高出力は73.4ps(2021年型欧州仕様)を発揮している

 最後にヤマハの新型YZF-R7に先行する形で、イタリアのアプリリアが並列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル・RS660をデビューさせたことをお伝えしたい。

 こちらはアルミフレームに電子制御満載の本格装備がヤマハと異なるが、より手軽にスポーツライディングを楽しんでもらおうというコンセプトは同じ。価格は約140万円で、約300万円で販売されている同社の1100ccモデルの半額以下を実現。手頃な価格面でも注目されている。

こちらもこれまでになかった並列2気筒の大型スーパースポーツ・RS660。エンジンやシャーシなどもレーシーで上級モデルと同じ電子制御も搭載している。エンジンは659ccで100psを発揮

【画像ギャラリー】新型YZF-R7と懐かしの旧YZF-R7に隔世の感あり

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ