新型86世界初公開 市販は今夏~秋に決定!! 2.4Lエンジンと超マニアックな空力デバイスに刮目せよ!!!


 2021年4月5日、トヨタGAZOO Racing(以下TGR)は新型「GR 86」を、スバルは新型「SUBARU BRZ日本仕様」を公開した。新型GR 86は、TGRが展開するスポーツカーシリーズとしては、GRスープラ、GRヤリスに続く第3弾となる。

 2012年3月に発売開始した先代の「86」と「BRZ」は、冷え切っていた国内小型スポーツカー市場に光をもたらした偉大なモデルだ。今作は、9年ぶりのフルモデルチェンジということで、日本のファンのみならず、世界中のファンから待ち望んでいた、待望のモデルだ。

 今回、発表前に行われた、メディア向け撮影会に参加できた。開発者インタビューなどの機会はなかったが、実車を見ることで明らかとなった、新型GR 86、そして新型BRZの詳細を余すところなく、ご紹介していく。

文/吉川賢一、写真:TOYOTA/SUBARU/編集部、動画:西尾タクト

【画像ギャラリー】実は空力に新型86/BRZの秘訣あり!! 記事未公開写真を大公開


■2.4Lエンジン搭載で0-100km/h加速は1.1秒短縮!!

ライト周りに丸みを帯びた新型GR86。サイドのエアロは従来型よりも迫力が増した

 先代の86は発売開始以来、ラリーやワンメイクレース、ジムカーナ、ダートトライアルなど、様々なモータースポーツのシーンで活躍し、ユーザーに親しまれてきた。現在では世界販売台数が20万台を超えているという。

 今作も、トヨタとスバルの共同開発体制で、クルマのベースは共用しながらも、「異なる走りの味」を持たせることに注力したという。各々が目指す「走り」を実現するため、お互いに切磋琢磨しつつ、セッティングは大きく変えてあるそうだ。

従来型の86。どちらかといえば硬派でシュッとした印象だった

 新型GR 86/BRZの最大のポイントは、新型の2.4L水平対向4気筒エンジンの搭載だ。最高出力は173(235) kW(ps)、最大トルクは250Nmのスペックを誇る(先代は2.0L水平対向NAエンジンで152kW(207ps)/212Nm 、6MT車)。

 トランスミッションは、6速MTと6速ATの2種類を用意。軽量コンパクトかつ低重心なエンジンコンセプトはそのままに、先代のユーザーから求められていた「モアパワー」の要望に応え、排気量をアップ。

GR86とBRZはフロントバンパーの意匠が大きく異なる。もちろん乗り味も差別化しているそうだ

 0-100km/h加速は、7.4秒から6.3秒へと、1秒以上縮めている。数字としては表せないものだが、高回転域までストレスなく回るエンジンフィーリングは、「絶品」に仕上がったそうだ。

 ボディサイズは、全長4265(+25)×全幅1775(±0)×全高1310(-10 ※ルーフアンテナ含)、ホイールベース2575(+5)mm、全長が若干伸びて、背が下がったディメンジョンとなった(カッコ内は先代からの差分)。

搭載エンジンは2.4LのFA24。235ps/7000rpm、最大25.5kgm/3700rpm、圧縮比12.5、最高回転数7400rpmのスペック。インテークパイプの曲げ角度が従来型より緩くなり吸気効率も上がってる!?

 車両重量は1270kg(6MT車)に収まり、先代とほぼ同じ数値だ。サスペンションはフロントストラット形式、リアはダブルウィッシュボーン式となる点も、先代を引き継いでいる(スペックはBRZも共通)。

 取材会の場で展示されていたモデル(おそらく最上級グレードとみられる)には、18インチアルミホイールに、215/40R18サイズのミシュランパイロットスポーツ4が装着されていた。

 先代には最上グレードにも17インチまでしかラインアップになかったことを考えると、若干のコストアップは免れないかもしれない。

(編註:従来型のタイヤ銘柄はあえてハイグリップタイヤではなく、操縦する楽しさを考慮してエコ志向のミシュランプライマシーHPだった)。

全高が下がったものの車内高はシート取付位置が下がった印象で、ヘッドスペースへの余裕は従来型よりもあった印象

■ボディ剛性向上により基本ポテンシャルは大幅にUP!!

先代に対し、フロント横曲げ剛性は約60%、捩じり剛性は約50%と大幅に向上 フロント部に多くアルミ材を採用しており、重量配分の適正化にも貢献している

 「走りの命」でもあるボディも再構築し、鍛えあげたそうだ。スバルグローバルプラットフォームの開発から得たノウハウを取り入れ、さらにインナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用。

 これで先代に対し、フロント横曲げ剛性は約60%、捩じり剛性は約50%と大幅に向上している。ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現し、さらには旋回時のトラクションも向上させた。

 また、安全基準の高まりに伴う重量増を抑制するため、ルーフパネルやフェンダーへのアルミ材採用、加えてフロントシートやマフラーも改良するなど、徹底した軽量化を実施。運動性能の向上が期待できる。

マフラー出口も太くなった印象。そしてチューニングカーばりにリアバンパーからタイヤショルダーが見えるこのスタイリングはやっぱりかっこいい!!

次ページは : ■「空気」の流れを絶妙にコントロールするエクステリアデザイン

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ