新型86世界初公開 市販は今夏~秋に決定!! 2.4Lエンジンと超マニアックな空力デバイスに刮目せよ!!!


■国産FRスポーツカーは、もうこれで最後なのか!?

いまや貴重なFRスポーツ。コンパクトで3ペダルも備えたモデルはもしかしたらこれが最後かも、なんて考える必要があるなんて寂しすぎる

 今回の取材で分かったのはここまでだ。車両価格やグレード構成など、細かな点は未公表だったが、4月5日の正式発表会以降、徐々に明らかとなっていくだろう。

 ちなみに6AT車には、アイサイト・ツーリングアシスト(バージョン3)が付くことが決定している。

 国産スポーツカーが少なくなっていくなか、トヨタとスバルの協業のおかげで、スポーツカー好きにとって夢のようなクルマが、再び登場してくれたことは本当にうれしい。一度止まってしまうと、復活させるのは容易ではないからだ。

 CO2低減を目指していくことはもちろん必要なことではあるが、一方で、こうしたNAエンジンのスポーツカーが持つ魅力は、変えられるものではなく、今回の新型GR86/BRZの登場は、クルマをつくるメーカーとしてファンの期待に応えた、ということであろう。

 しかし、この先もこうしたスポーツカーが登場するかどうかは、わからない。日本での発売時期は、新型BRZが2021年夏ごろ、新型GR86が2021年秋ごろの予定だという(編註:GR86は開発ドライバーでもある豊田章男社長によるチューニングも行わているという)。

 この新型GR86および新型BRZが、伝説となり、後世に語り継がれていく様子を、ファンとしてしっかりと見届けていきたいと思う。

■GR86/BRZ国内仕様の諸元(プロトタイプの開発目標値)

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm) 4265×1775×1310
ホイールベース(mm) 2575
トレッド[前/後](mm) 1520/1550
最低地上高(mm) 130
車両重量(kg) 1270kg ※6MT車

■エンジン
FA24エンジン2.4L 水平対向4気筒(筒内直接+ポート燃料噴射装置)
内径×行程(mm) 94.0×86.0
総排気量(cc) 2387
圧縮比 12.5
最高出力[kW(ps)/rpm]  173(235)/7000
最大トルク [Nm(kgfm)/rpm]  250(25.5)/3700
最高回転数 7400rpm
燃料タンク容量 50L

■その他
トランスミッション 6MT/6AT
駆動方式 FR(後輪駆動)
サスペンション形式(前/後) マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク
ホイール 18インチアルミホイール
タイヤ 215/40R18 (ミシュランパイロットスポーツ4)

【画像ギャラリー】実は空力に新型86/BRZの秘訣あり!! 記事未公開写真を大公開

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ