世界初公開の新型86/BRZ プロが見抜いた驚くべき進化と高まる期待


 次期モデルがいよいよワールドプレミアとなったスバルBRZ。トヨタ86と共同開発で2012年に登場し、およそ8年に渡って進化し続けたクルマのフルモデルチェンジだから、今回の発展はどんなものか興味深い。

 個人的にもこのクルマは86/BRZ Raceに参戦するために3台も乗り継ぎ、その成長過程をいやでも見守ってきた一台なだけに期待は高まるばかりだ。

文/橋本洋平、写真/SUBARU、TOYOTA

【画像ギャラリー】大盤振舞い!! 世界初公開された次期スバルBRZの詳細がわかる秘蔵30カット!!


フロントマスクのボリュームアップに見えるネガ潰し

全長4265×全幅1775×全高1311mm、ホイールベース2576mm(1インチ=2.54、少数第一位を四捨五入)と、全長4240×1775×1320mm、ホイールベース2570mmの初代とほぼ同じ!!

 今回発表された内容を見ると、全長×全幅×全高、そしてホイールベースはほぼ変わらず。大きくならずにモデルチェンジしたことは喜ばしい。

 ただ、あくまでもボディまわりは現行モデルと共用であることは明らか。それはデザイン面を見ても理解できるところだ。

 けれどもフロントマスクを一見しただけで、かなり立体的にボリューム感が増したところがまず変化したポイントだと思えた。

 86に比べてシンプルにまとめられていた印象が強かったBRZのフロントマスクは、そのせいかフロントのダウンフォースが弱いとワンメイクレース界では言われていた。

 同じ足回りセットの86とBRZを乗り比べた機会のあるプロドライバーの山野哲也選手は、「BRZは高速コーナーにおけるノーズの入り方が穏やかで、そこでタイムロスをしていた」と語っていたことが印象的だった。

 たしかに後期型の86はフロント下部がそもそもリップスポイラー的形状をしており、顎が伸びるようになったことで、前期型よりも回頭性を生み出しているシーンがあったことを思い出す。

 事実、今年の86/BRZ Raceプロフェッショナルシリーズでは、BRZを駆る久保凛太郎選手が見事シリーズチャンピオンを獲得した(おめでとうございます!)。

 コロナ禍やオリンピックの影響を受けて、富士や鈴鹿といった高速コーナーが存在するサーキットでのレースが無かったから、BRZはいつものシーズンよりも有利だろうと睨んでいた。

 裏を返せばいつもBRZは86に比べてハンデを抱えていたことになる。新型BRZのボリューム感を見ると、「そこを打破しようとしてボリューム感を増したのでは?」と見えてくるのだ。

 いっぽうでテール周りもトランクにダックテールを与えている。ノーズの入りをよくするだけでなく、リアの安定性も空力によって生み出したいという思いが感じられる。

次期BRZはフロントのボリュームが増していると同時に、リアは競り上がるようなダックテール形状となっている。前後のダウンフォース増強に期待

ボディ造りの根本的な見直し

新型レヴォーグで初登場となった、スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム。曲げ剛性、ねじり剛性とも大幅に向上

 プラットフォームは共用化となるが、ボディ造りは抜本的な見直しが行われたようだ。

 まず注目となるのがフルインナーフレーム構造の採用だ。

 これは生産段階からしてまるで違い、シャシーとボディを組み合わせる前に、シャシーとボディ上屋の剛体部分をあらかじめ接合した上で、外板パネルを後から付けて行く手法で、強固なボディ造りに寄与すると言われている。

 スバルでは新型レヴォーグからそれを取り入れているが、同様のラインで流れると予測できるBRZだからこそ、同じ生産体制を築くことができたのだろう。

 これによりフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%も高めることに成功したようだ。それだけで終わらず、ボンネット、フロントフェンダー、そしてルーフをアルミ化するというから、乗り味は相当に違ってくるだろう。

フルインナーフレームの採用により、次期BRZは初代より大幅にボディ剛性アップが見込める。競技に使う上でも大きな進化だ

次ページは : ボディが進化した初代からさらに進化

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ