世界初公開の新型86/BRZ プロが見抜いた驚くべき進化と高まる期待

 次期モデルがいよいよワールドプレミアとなったスバルBRZ。トヨタ86と共同開発で2012年に登場し、およそ8年に渡って進化し続けたクルマのフルモデルチェンジだから、今回の発展はどんなものか興味深い。

 個人的にもこのクルマは86/BRZ Raceに参戦するために3台も乗り継ぎ、その成長過程をいやでも見守ってきた一台なだけに期待は高まるばかりだ。

文/橋本洋平、写真/SUBARU、TOYOTA

【画像ギャラリー】大盤振舞い!! 世界初公開された次期スバルBRZの詳細がわかる秘蔵30カット!!


フロントマスクのボリュームアップに見えるネガ潰し

全長4265×全幅1775×全高1311mm、ホイールベース2576mm(1インチ=2.54、少数第一位を四捨五入)と、全長4240×1775×1320mm、ホイールベース2570mmの初代とほぼ同じ!!

 今回発表された内容を見ると、全長×全幅×全高、そしてホイールベースはほぼ変わらず。大きくならずにモデルチェンジしたことは喜ばしい。

 ただ、あくまでもボディまわりは現行モデルと共用であることは明らか。それはデザイン面を見ても理解できるところだ。

 けれどもフロントマスクを一見しただけで、かなり立体的にボリューム感が増したところがまず変化したポイントだと思えた。

 86に比べてシンプルにまとめられていた印象が強かったBRZのフロントマスクは、そのせいかフロントのダウンフォースが弱いとワンメイクレース界では言われていた。

 同じ足回りセットの86とBRZを乗り比べた機会のあるプロドライバーの山野哲也選手は、「BRZは高速コーナーにおけるノーズの入り方が穏やかで、そこでタイムロスをしていた」と語っていたことが印象的だった。

 たしかに後期型の86はフロント下部がそもそもリップスポイラー的形状をしており、顎が伸びるようになったことで、前期型よりも回頭性を生み出しているシーンがあったことを思い出す。

 事実、今年の86/BRZ Raceプロフェッショナルシリーズでは、BRZを駆る久保凛太郎選手が見事シリーズチャンピオンを獲得した(おめでとうございます!)。

 コロナ禍やオリンピックの影響を受けて、富士や鈴鹿といった高速コーナーが存在するサーキットでのレースが無かったから、BRZはいつものシーズンよりも有利だろうと睨んでいた。

 裏を返せばいつもBRZは86に比べてハンデを抱えていたことになる。新型BRZのボリューム感を見ると、「そこを打破しようとしてボリューム感を増したのでは?」と見えてくるのだ。

 いっぽうでテール周りもトランクにダックテールを与えている。ノーズの入りをよくするだけでなく、リアの安定性も空力によって生み出したいという思いが感じられる。

次期BRZはフロントのボリュームが増していると同時に、リアは競り上がるようなダックテール形状となっている。前後のダウンフォース増強に期待

ボディ造りの根本的な見直し

新型レヴォーグで初登場となった、スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム。曲げ剛性、ねじり剛性とも大幅に向上

 プラットフォームは共用化となるが、ボディ造りは抜本的な見直しが行われたようだ。

 まず注目となるのがフルインナーフレーム構造の採用だ。

 これは生産段階からしてまるで違い、シャシーとボディを組み合わせる前に、シャシーとボディ上屋の剛体部分をあらかじめ接合した上で、外板パネルを後から付けて行く手法で、強固なボディ造りに寄与すると言われている。

 スバルでは新型レヴォーグからそれを取り入れているが、同様のラインで流れると予測できるBRZだからこそ、同じ生産体制を築くことができたのだろう。

 これによりフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%も高めることに成功したようだ。それだけで終わらず、ボンネット、フロントフェンダー、そしてルーフをアルミ化するというから、乗り味は相当に違ってくるだろう。

フルインナーフレームの採用により、次期BRZは初代より大幅にボディ剛性アップが見込める。競技に使う上でも大きな進化だ

ボディが進化した初代からさらに進化

86/BRZとも初代モデルは最初期から比べるとボディ剛性は大きく高められた。写真は86の最終特別仕様車のGTブラックリミテッド

 かつての86&BRZも初期モデルと後期モデルを比べると乗り味がかなり違っていた。スポット打点の追加などを地道に行うことで、上質さを生み出し次第に強固になったことを思い出す。

 僕が初めて手にした86は、3シーズン目に突入した辺りからルーフの両サイドに、まるで雹害でも受けたかのようなシワがよりはじめ、ドライビング操作に対してルーズに応答するクルマになったことがあった。

 次第に激化したタイヤのグリップ競争がその最たる要因だと感じていたが、いま思い返せばやはり初期モデルはボディが弱かったのではないかという気もしてくる。

 事実、2台目、3台目ではそのようなネガは最後まで見られなかったのだから、ボディの地道な進化は確実にあったのだろうと感じられる。そこから劇的に進化を果たすという次期BRZのタフさには期待したい。

ボディ剛性の面でモデルライフ中に大きく進化した初代を超える進化が期待でき、今からそのタフな走りが楽しみ

トルク不足のネガを排気量アップで補えるか!?

初代86/BRZが2L、水平対向4気筒DOHCだったのに対し、エンジン形式は同じながら排気量が2.4Lにアップし、パワー、トルクともアップ

 パワートレインは2.4LのNAとなる。最高出力228PS、最大トルク18.4lb-ft(約250Nm)という数値は頼もしい。

 走行している動画を見る限り、低速からのピックアップがよく、アクセルで向きを変えることも容易に行わせてくれるようだから楽しみだ。

 よりFRらしく立ち振る舞えるようになる、そこがポイントのひとつではないだろうか? 

 現行モデルは特に可変バルブタイミングが切り替わる4000回転以下のトルクが薄く、低速ターンからの脱出ではヤキモキするほどトルクが薄かった。性能曲線を見れば明らかなのだが、そこから可変バルブタイミングの切り替わりポイントで一度トルクが落ち込んでいる。

 基本的なシステム自体は変わらないと思うので、そのネガを排気量アップで補うことができるか否かが気になるところだ。

世界初公開されたのが北米仕様だから左ハンドルとなるが、右ハンドルも同じデザイン。インテリアは高級感が増している

トランスミッションの強化は!?

初代では競技などに使う場合、耐久性に不安を抱えていたが、次期型では6MTが強化されているのは間違いないと思われ、それが大きな魅力につながる

 こうして出力もトルクも向上したが、それをよく許したと感じるところもある。それはトランスミッショントラブルに対する懸念材料があったからだ。

 乱暴に使わなければタイム争いで負けてしまうワンメイクレースでは、最低限2戦に1回はオーバーホールが必要ということもあったからである。

 もちろんレースでも丁寧に扱うドライバーは問題がなく、事実はじめの頃はワンシーズン使ったこともあるから、一般ユースでは壊れることのないトランスミッション。

 だが、車種が車種なだけに、チューニングやドリフトなどあらゆる使い方が考えられるのだから、トランスミッションも強くあってほしいというのが希望だ。おそらく何らかの対策が行われたうえで発表になるのではないだろうか?

86/BRZは現代では貴重なコンパクトFRスポーツ故、ドリフト、レース、ラリー、チューニングなど自由な使い方ができるのが魅力で、それは新型も変わらぬ

 そんなことを考えていた矢先、TOYOTA GAZOO RacingのGRパーツに86 Raceパーツのラインアップが加わっていた。

 アウトプットシャフト、カウンターギア、4速ギア、4速ギアインナーベアリングがそれだ。

 次期BRZが発表されたこのタイミングで、この商品ラインアップ……。あまりにもタイミングがよすぎると思うのは僕だけだろうか? 

 いずれにしてもタフさをより高めようと全方位的に努力を続けているところが好感触。

 スバルもトヨタもなく、みんなが86&BRZを育てて行こうという姿勢に胸を打たれるのだ。

 果たして次期型はどんな世界を僕らに見せてくれるのか? いまから登場が待ち遠しい一台だ。

次期BRZが世界初公開され、デビューが待ち遠しい。そして共同開発車である86の進化も気になるところ

【画像ギャラリー】大盤振舞い!! 世界初公開された次期スバルBRZの詳細がわかる秘蔵30カット!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ