新型エクストレイル 世界初公開! なんとVCターボ搭載!! e-POWERはどうなった!?


 日産は、2021年4月19日、同日から始まった上海モーターショー2021において、ミドルクラスSUV「エクストレイル」の新型を発表した。

 新型エクストレイルについては、その兄弟車である北米日産の「ローグ」が、すでに2020年10月より発売が始まっており、新しいデザインは「タフネスさ」に溢れた、非常にカッコよい仕上がりとなっている。

 新型エクストレイルは、どのようなクルマとなったのか。ローグとの違いは!? 明らかとなった情報をもとに、新型エクストレイルの全貌を確認していこう。

文/吉川賢一 写真/NISSAN

【画像ギャラリー】ついに世界初公開!! 新型エクストレイルの内外装 全16枚をギャラリーでチェック!!


新型エクストレイル 「ローグ」と相違は?

新型エクストレイルの外観は北米の新型ローグと同じだ エンブレムの日産ロゴはなぜか「旧」タイプのまま

 日産によると、歴代のエクストレイルは、2020年末までに全世界で約626万台を販売し、中国市場では2021年2月までに約138万台を販売してきたという。グローバル戦略モデルである新型エクストレイルは、中国と米国の2つの主要な自動車市場向けとして、新しいCMF-CDプラットフォームを採用しているそうだ。

 エクステリアデザインは、ヘッドライトやテールランプのウィンカー部分がクリアになった程度で、予想どおり、ほぼ新型「ローグ」のままで登場した(北米はオレンジ色のポジションランプ点灯が法規で決まっていたため)。

 ややアクの強いフロントフェイスは好き嫌いがわかれるかもしれないが、ボディシェイプが昔のエクストレイルのように、ボクシーに仕上がっており、なかなかカッコよい。

リアスタイルも、ローグそのままだ ボクシーなデザインがかっこよい!!

 気になるボディサイズだが、新型ローグと同じであれば、現行型エクストレイルと比べ、なんと全長は42ミリ短く、全幅は19ミリ広く、全高は8ミリほど下がっている。モデルチェンジをするたびに、拡大を進めるクルマが多いなかで、全長をこれほど短くしたのは珍しい。そのぶん、従来型の魅力であった荷室の広さが犠牲にならなければいいが、その辺りは今後明らかになっていくだろう。

従来型に対して全長が42ミリも短くなったローグ だがライバルのRAV4やCR-Vよりは約40ミリも長い

気になる内装は? 四駆には進化版の4×4-iを新搭載!!

新タイプのステリングホイールの後ろには、液晶デジタルメーターが備わる

 インテリアも新型ローグとほぼ同じだ。新デザインのステアリングホイール(古いタイプ日産ロゴのままだが)の後ろには、大型の液晶デジタルメーターがあり、その脇には、視認性の良い大型ナビゲーションモニターも搭載している。座り心地の良さそうな前席シートも、快適な移動が望めそうだ。

 また、進化した4×4-iインテリジェントオールモード四輪駆動システムは、このクラスで、最強の4WD走破性を達成するという。「極悪路であっても走破ができる」というから、今後の試乗が楽しみだ。

次ページは : パワートレインはVCターボエンジン搭載!! e-POWERどうなった!?