新型キャシュカイ世界初公開!なんとe-POWERターボ初搭載!! 次期エクストレイル紐解く鍵に!?


 2021年2月18日、欧州日産は、2021年夏ごろ発売予定の新型キャシュカイをワールドプレミアした。

 初代モデルが2007年にデビューしたキャシュカイは、欧州Cセグメントに属するコンパクトSUVであり、欧州日産の屋台骨となってきたクルマだ。2代目である現行キャシュカイは、北米では「ローグスポーツ」の名でも売られており、北米ローグ、つまり日本版エクストレイルとは、兄弟車の関係にある。

 ということは、新型キャシュカイを見ていけば、今年登場が期待されている、次期型エクストレイルの姿も、ある程度想像ができる。

 本稿では、新型キャシュカイについて公開された情報を紐解きつつ、そこから推定できる「次期型エクストレイルの姿」についても、考察していこうと思う。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】全部見せます!! 怒涛の全20枚! 新型キャシュカイ世界初公開


やや大型化した新型キャシュカイ

新型キャシュカイは、現行に比べ、ひと周りほどサイズが大きくなっている

 エクステリアデザインが、新型ノートとよく似ているため、コンパクトなサイズのように見えるが、新型キャシュカイのボディサイズは、4425(+35)×1838(+32)×1635(+10) mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2666(+20)mm(※カッコ内は現行キャシュカイからの差分)と、現行キャシュカイに対し、ひと回りほど大型化している。

 これによって新型キャシュカイは、全幅が現行型エクストレイル(1820mm)を越えた。ホイールベースも伸びており、後席のニースペースは大幅に広がったようだ。

 また、欧州市場で初採用となるCMF-Cプラットフォームによって、車体の剛性向上と軽量化を達成したそうだ。全体で60kgもの軽量化と、41%もの剛性向上は、走りや乗り心地、そして振動といったあらゆるシーンで、恩恵をもたらしてくれるのは間違いない。

 サスペンションは、フロントマクファーソンストラット、リアは2WDがトーションバー式、20インチタイヤを装着する4WDは進化版のマルチリンク式となる。

ローグとの共用をやめ、新顔に進化!!

現行キャシュカイは北米ローグ(エクストレイル)とフロントフェイスは共通であったが、新型キャシュカイは丸みを帯びたテイストに進化した
2020年9月より北米で発売している新型ローグ。ボクシーなイメージのミドルサイズSUVだ

 現行型キャシュカイは、北米ローグとフロントフェイスを合わせていたが、新型では共通デザインをやめ、新たな顔へと進化した。2020年にフルモデルチェンジを受けた北米ローグが直線やスクエアなかたちを意識したデザインに対し、新型キャシュカイは、アリアや新型ノートにも似た、カーブを意識したデザインとなっている。

 また、リアに向かって流れるようにデザインされたフローティングルーフも滑らかで洗練された印象だ。フロントからリアにかけて流れる1本の強烈なキャラクターラインも良いアクセントとなっている。Cピラーから後ろのキックアップする部分は、北米ローグとは明らかに異なる意匠となった。

リアに向かって流れるようにデザインされたフローティングルーフも滑らかで洗練された印象

 リアデザインは、左右独立したテールランプと、日産ロゴの下(なぜか旧型ロゴ)に「QASHQAI」の文字が並んでおり、非常にシャープに仕上がっている。

 だが、20ミリ伸ばされたホイールベースと、20インチサイズのホイールによって、これまでのコンパクトSUVの印象はやや薄れてもいる。

次ページは : ようやく欧州最新モデルに追いついたインテリア

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ