2021年3月にまさかの登場! 日産が好調の新型ノートに上級派生車「オーラ」投入!!


 2020年12月23日に発売され、順調な滑り出しを見せたといえる日産『新型ノート』に、なんと上級派生車が追加されるというとびっきりの情報をつかんだ!

 日産としても失敗の許されない人気車とあって、かなり力を入れているノート。その派生車となると、否が応でも注目度は高くなる。今回は、現場を取材して判明した、ノート派生車の詳細情報を余すところなくお届けしたい!

文/遠藤徹
写真/編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】現行ノートの写真から『ノート・オーラ』をイメージしてみよう!!


■日産が日本の国内市場を狙った派生車が登場! その名は「オーラ」!

 日産は2021年2月23日発表、3月下旬の発売で『ノート』の上級派生モデル『ノート・オーラ』を投入する方向でスケジュール調整をしている模様である。

 現行ノートをベースに全幅を40mm、全長を150mm程度拡大、延長した3ナンバーサイズで内外装をクオリティアップして仕立てた小型プレミアムモデルのコンセプトを採用。

 パワーユニットは、ノートと同じ1.2L e-POWERだが、セレナ並みにパワーアップすることで、さらなる走りのポテンシャルアップを図っている。3ナンバーサイズの小型ハッチバックは国産同クラスではトヨタ『カローラスポーツ』、ホンダ『シビックハッチバック』、マツダ『マツダ3ファストバック』、スバル『インプレッサスポーツ』があり、比較的堅調な売れ行きを見せていることから、これらと対抗させるものと思われる。

2020年12月23日に発売された日産『ノート』。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4045×1695×1520mm、ホイールベース2580mm、車重1220kg

 日産はこれまでは同クラスで生産中止した『ティーダラティオ』を販売した経緯があり、こちらのコンセプトを復活させる狙いもある。新型ノートは2020年11月24日発表、12月23日発売で、まず1.2L e-POWERの2WD車を投入したが、2020年2月19日には4WD車とカスタマイズモデルのオーテックバージョンを追加設定する。ノート・オーラは2WD、4WD、オーテックを同時に設定、発売し、これによって同シリーズのフルラインアップ態勢を整えることになる。

 ノート・オーラは、プラットフォーム&基本コンポーネントを新型ノートと共用するが、全長4195×全幅1735×全高1520mmで、ノートに比べると全長150mm延長、全幅を40mm拡大して3ナンバーサイズとしている。これらのサイズアップ分は前後バンパーの大型化、ワイドフェンダーの採用で実現しており、室内の居住空間の変更はない。

日産ノートe-POWER 4WD(雪上走行イメージ)。ひょっとしてクロスオーバー的な味付けもあり得るかもしれない

 当面は1グレードだが、プロパイロットやタイヤのサイズアップ、専用アルミホイールを標準装備するなど装備を充実。パワーユニットは同じ第2世代の1.2L e-POWERだが、セレナ並みに15kW程度パワーアップし、足回りの強化と合わせてプレミアムモデルに応じた増強を図る。

■割高感をどう払しょくする!? ノートシリーズはどう戦うか

 新型ノートの車両本体価格は205万4800~218万6800円で、販売構成比は最上級の「X」が80%を占める。上級プレミアムモデルの「ノート・オーラ」はこれより40~50万円高い。

こちらも上級をイメージした日産『ノート オーテック』。専用グリル、メタル調フィニッシュ、ドアミラーカバーなどを装備して、より上質でスポーティにプレミアムスポーティーブランドを演出する

 Xに有料色、ナビ、SOSの通信ユニット、アラウンドビューモニター、LEDヘッドランプ、ドライブレコーダー、ボディコートなど60万円程度のオプション&付属品をつけて弾くと法定、法定外費用を含めて総額320万円程度となる。

 ノート・オーラに同じような装備をつけると、総額370万円以上にもなる。同クラスのカローラスポーツのハイブリッドと比べると、ほぼ同じレベルとなるが、走り、使い勝手、クオリティでどれほどの対抗が可能になるか注目される。

 ノートは月販計画を8000台に設定したが、ノート・オーラの追加で1万台突破を目指すことになる。

 ただ日産にとって重要な課題が残されている。ノートシリーズが前モデルのように同クラスでのトップセラー奪還が可能になるかである。トヨタ『ヤリス』やホンダ『フィット』はガソリンNAとハイブリッド車があり、ハイブリッド比率は50%に過ぎない。月販1万台以上を確保するには安価なガソリンNA車の設定が必要になる。

 ノートシリーズはシリーズハイブリッドのe-POWER車だけだから、ライバル車に比べると50万円以上の割高感がある。それに今回のe-POWER車では可能な限りリーズナブルな価格設定をするために販売店のマージン幅を大幅に縮小したことで、値引き余力がシビアになっており、50万円のオプション&付属品をつけても、値引きは5万円以下に抑えて販売している。

 発売したばかりだから、新型車効果で立ち上がりは好調なようだが、需要が一巡した段階では厳しい戦いを強いられそうである。

次ページは : ■現場が語る「オーラ」の期待と、ノートに抱える不安

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ