中国での新型エクストレイル初公開に見る日産の立ち位置


 日産が『新型エクストレイル』を4月21日から開催される上海モーターショーで初公開すると公表した。しかし、この情報を聞いた、日本のファンからは失望の声が上がっている。

 日本市場でかつて大人気だった初代エクストレイルの印象が強く、「エクストレイルは日本のマーケットのもの」というイメージが強くあるからだ。日産は日本市場を軽視していると常々言われており、ゴーン体制を捨て新体制になった際には、国内市場も重要であり手を打っていくと語っていたのだが……。

 日産は国内市場を本当はどう考えているのか? 日産が想定しているであろう戦略、そして日産に求められるについて考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】日本で買えるのはいつ?日産エクストレイル(ローグ)を確認!


■世界戦略車は、基本的に大きいマーケットから順に売られる

 2021年4月21日から開催される「上海モーターショー2021」で、日産『新型エクストレイル』が披露される。また新型エクストレイルの姉妹車になる『ローグ』は、北米で2020年10月から販売されている。つまり新型エクストレイルの国内発売は、実質的に北米と中国に先を越された。

 日産の販売店によると、「海外では新型ローグが発表され、お客様から新型エクストレイルに関する問い合わせをいただいているが、メーカーからは情報を受け取っていない。現時点では現行エクストレイルの注文を普通に入れられる」という。

新型の日産エクストレイル(ローグ)は、日本より先に北米と中国で発表される

 日本で販売されている従来型のエクストレイルは、北米でローグが販売を開始した2020年10月に、仕様を向上させた。外装色を見直して内装の質も高め、装備を充実させている。小規模でもコストを費やして変更を行えば、少なくとも1年間は販売を続ける。

 そうなると日本における新型エクストレイルの発売は、2021年の末から2022年になりそうだ。日産では「日本向けのエクストレイルは、熟成を重ねて発売する。ノートも現行型は国内専用車になっていて、新型エクストレイルも同じように日本のお客様に適したクルマになる」としている。

 新型エクストレイルは前述のとおりローグがベースで、日産と業務提携を結ぶ三菱『アウトランダー』も、新型は基本部分を共通化する。そして北米では、2021年4月に新型アウトランダーが発売されたが、日本では今でも旧型を売る。販売店によると「新型の発売時期などは未定」とのことだ。

 このほかスバルの『アウトバック』は、2019年7月に北米で新型の生産を開始したが、日本では2021年1月まで旧型を売っていた。今は休止している。ホンダ『現行アコード』は、北米の発売から2年半を経過した後で、日本国内の販売を開始した。それまでは旧型を売っていた。

 以上のように今の日本車では、海外市場を優先して発売され、国内はあとまわしになることが多い。なぜ国内の発売は海外よりも遅いのか。メーカーの商品企画担当者に尋ねると以下のように返答された。

「今は軽自動車やミニバンのような国内向けの車種を除くと、同じクルマを海外でも扱う。地域によって仕様が異なるため、世界で同時に発売するのは難しい。必然的に順番を決める。その時は販売規模の多い地域から発売していく。北米や中国は、日本に比べて需要が多いから、発売の順番も先行する」

新型は、現行のエクストレイルよりやや角ばったイメージになった

■下がり続けた国内販売台数。しかし復調の兆しはある

 日本メーカーの世界生産台数に占める国内販売比率は、2020年の場合、日産とスバルが12%、三菱は8%、トヨタとホンダは14%であった。いずれも国内比率は15%以下だから、商品開発や発売の優先順位も、その比率に見合ったものになりやすい。

 世界の市場を公平に捉える考え方は、グローバル企業としては理解できるが、日産はその結果、国内販売台数を下げた。1990年の日産の国内販売台数は約140万4000台で、業績不振に陥りルノーと提携した頃の2000年でも、半減しながら73万台を売っていた。それが2010年は64万5000台に下がり、2020年は46万9000台であった。

 2000年以降、日産全体の業績は持ち直したが、それと同時に商品開発は海外指向を強めた。2008年末にリーマンショックの経済不況が発生すると、2011年以降は、国内で発売される新型車が滞った。国内への新型車投入は、一時は2年に1車種まで減ってしまう。その結果、2020年の売れ行きは30年前の33%に激減した。

 日産ではメーカー別国内新車販売ランキングの順位も下がった。2007年頃までは安定してトヨタに次ぐ2位の販売台数を維持したが、新型車の減少により、2010年以降は順位が下がり始めた。2014年にはトヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位になり、今も同じ状況が続いている。

 日産に変化が生じたのは、2018年11月に発生したカルロスゴーン元会長の逮捕であった。この直後に日産の社内からは「今後は国内市場を見直す」「国内では商品が高齢化している(発売から時間を経過している)ので若返りを図る」「社内の雰囲気が良い感じになってきた」といった話が聞かれた。

減り続けた日産の国内市場での販売台数、これから復活するか

 そして先の日産のコメントにもあったとおり、『現行ノート』は国内向けに造り込んだ。価格の安いノーマルエンジンは搭載されず、半導体の不足も生じたから販売ランキングの最上位には入らないが、それでも2021年1/2月には7000台以上を登録した。3月は1万3352台に達している。

 2021年3月の1位はトヨタ『ヤリス』とされるが、日本自動車販売協会連合会が公表するこの数字には、スポーツモデルの『GRヤリス』、SUVの『ヤリスクロス』も含まれる。ヤリスの正味台数は1万4330台だから、ノートがe-POWER(ハイブリッド)のみの設定で1万3352台を登録すれば立派だろう。

 車両の開発には短くても3年程度の歳月を要するから、日産が国内の取り扱い車種を急増させることは不可能だが、今後は少しずつ増えていく。日産にとって、メーカー別の国内販売ランキングが5位なのも不本意だろう。

次ページは : ■日産は日本のユーザーにもっと情報開示すべき

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ