アルファロメオ”ジュリアGTA”登場!! なんと世界500台のみ販売&価格2000万円超え! 


■レースシーンを彷彿させるインテリア

 インテリアの基本デザインは、クアドリフォリオに準ずるもの。さらにアルカンターラを多用することでスポーティさと上質さを高めている。まさに日常からサーキットまで楽しめるスーパースポーツセダンとして、GTAは仕上げられている。

 その一方で、よりサーキットを意識したモディファイドモデルのGTAmでは、ストイックな一面を見せ、車内の雰囲気もがらりと変わる。

 GTA標準タイプとなるフロントのスパルコ製スポーツシートは、軽量かつ高いホールド性を備えるカーボン一体成形となるサベルト製フルバケットシートに変更され、6点式シートベルトを標準化。

 リアシートに至っては、完全に取り払われ、ボディ剛性を向上するためのロールバーが装着されるスパルタンな仕様なのだ。

サーキットに主眼を置いたGTAmは、リアシートすら取り払うスパルタンな仕様だ。もちろん、標準タイプのGTAは、リアシートはしっかりと備わるのでご安心を……

■メカニカルな部分も専用化

 高速走行時の安定性を高めるために、前後トレッドをそれぞれ50mmワイド化。このため、フロントのブリスターフェンダーとリアのオーバーフェンダーが装着され、好戦的なエクステリアのよきアクセントに。

 もちろん、サスペンションも見直され、専用スプリングとダンパー、ブッシュを採用。車高もローダウン化されている。またセダンでありながら、20インチのセンターロック式アルミホイールを採用する点もユニークだ。

 搭載される2.9L V6ツインターボは、クアドリフォリオよりも最高出力を30hp向上させ、540hpに。エキゾーストシステムには、チタニウムを採用した新設計のアクラボビッチ社製のものとし、官能的なサウンドを奏でるという。

 軽量化と高性能化を目指した専用仕様により、クアドリフォリオと比較し、GTAで50㎏、GTAmに関しては100㎏も軽量に仕上げることを実現。その結果、GTAmのパワーウエイトレシオは、2.81㎏/hpとなり、0-100km/h加速は3.6秒を実現している。

セダンとしては、超刺激的な味付けであるクアドリフォリオを徹底的に鍛え上げたGTA。その魅力を味わえるのは、世界でたった500台のみ

次ページは : ■幻のアルファロメオとなるか!?