“限定”はレジェンドも切実な理由が……!? 「台数限定車」の裏事情

“限定”はレジェンドも切実な理由が……!? 「台数限定車」の裏事情

 トヨタは昨年5月にカローラの2Lエンジン車を限定500台で発売したのに続き、今年も4月にカローラの特別仕様「アクティブライド」を500台限定で発売。また、ホンダから3月に登場した自動運転レベル3のレジェンドはリース契約ながら100台限定だった。

 輸入車の場合は、特別仕様車が限定台数で発売されることが多い。

 また過去には、2015年に先代型のシビックタイプRが750台限定で抽選販売になるほど人気を集めたのは記憶に新しい。

 限定車といってもさまざまなケースがあるわけだが、そもそも限定台数で販売するのはなぜなのか? 台数限定にしなければ、もっと売れそうなクルマもありそうだが……。

 いろいろワケがありそうな台数限定車の裏事情に、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が迫ります!

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、HONDA、Mercedes-Benz Japan、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】なぜ台数限定!? もっと売れそうなクルマもあるのに……限定車のカラクリに迫る!!


■特別仕様車には売り続けるモデルのほか、限定車もあり!

ヴォクシー 特別仕様車 ZS煌III。特別仕様車とうたってはいるが、大抵はいつでも購入できる

 特別仕様車は「特別」な「仕様」だから、普通のグレードとは価値観の違うクルマになるだろう。ところが実際は、低価格のグレードに、上級装備を割安に加えた「お買い得車」が多い。

 特別仕様車としながら、常に販売しているタイプもある。例えばヴォクシー「ZS煌」は、特別仕様車ではあるが、たいていいつでも購入できる。

 アルファードの高人気に押されて売れゆきを激減させたヴェルファイアでは、2021年4月下旬の改良以降、既存のグレードを廃止して特別仕様車の「Zゴールデンアイズ」のみを扱う。

 しかしその一方で、販売台数を限定した特別仕様車もある。まさに「特別」な「仕様」だが、「なぜ限定にするのか」という疑問も生じる。

 クルマを開発するには、既存のグレードでも特別仕様車でも、相当な投資が必要だ。そうなると生産台数を増やしたほうが、1台当たりが負担する開発費用が減って効率を高められる。

 そのためにヴォクシーのZS煌などは、細かな仕様を時々変えながら、長期間にわたって販売を続ける。セレナの特別仕様車「Vセレクション」のように、同等の仕様がXVやハイウェイスターVとしてグレード化されたケースもある。

■特別仕様車には他グレードの販売促進効果も

2020年5月に500台限定で販売されたカローラ ツーリング 特別仕様車 “2000 リミテッド”

 それなのに効率の下がる限定にする理由は何か。

 カローラツーリングは、2020年5月に、RAV4やハリアーと同様の直列4気筒2Lエンジン(M20A-FKS型)を搭載する「2000リミテッド」を500台限定で設定した。2021年4月にも、外観のアレンジを変えた2Lエンジンのアクティブライドを500台限定で発売している。

 2Lエンジンを搭載するカローラツーリングの特別仕様車を500台限定で設定した理由をトヨタに尋ねると、以下のように返答した。「お客様に特別感を持っていただき、貴重な1台をお届けするため、量産ではなく台数限定とさせていただいた」。

 トヨタの販売店に、カローラツーリングの特別仕様車を500台限定で設定したメリットを尋ねると以下のように返答した。

 「カローラツーリングのアクティブライドは、4月2日に正式発売されたが、20日の時点でほぼ売り切れた。ここまで人気が高いと、もう少し多く生産してもいいと思うが、限定500台だから急いで購入されたお客様も多い。話題作りの効果もある。

 2Lのアクティブライドを目当てに来店され、予算がオーバーするので(アクティブライドの価格は266万円)、1.8LのW×B(236万6000円)を購入されたお客様もいる」。

2021年4月に500台限定で販売されたカローラ ツーリング 特別仕様車 “アクティブライド”

 このように2Lのアクティブライドは、ほかのグレードの販売促進効果も生み出した。

 ホンダの商品企画担当者は、以下のようにコメントした。

 「販売台数を限定して特別仕様車などを設定する背景には、車種によってさまざまな事情がある。特別なエンジンやメカニズムを搭載した高性能車は、もともと大量生産は難しく、台数を限定することが多い。またお客様の数(市場の規模)に基づいて、生産台数を限る場合もある」。

 例えばシビックタイプR、WRXのS208などは、価格も高く特別なスポーツカーに位置付けられる。ユーザーの数が限られ、なおかつ搭載されるメカニズムも大量生産できるものではないから、台数を限定して販売された。

次ページは : ■限定生産は安全性向上のための手段!?