ルノーメガーヌがメイクアップ エレガントな装いに!


 ルノーのフラッグシップモデル「メガーヌ」が、商品改良を行った。これまでのスポーツ路線から一転し、エレガンスな路線へと生まれ変わったようだ。

 さらにパワートレインの改良や安全装備の充実化も図られている。イメチェンによって、新たな魅力を備えた新メガーヌの特徴を解説しよう!

文/大音 安弘  写真/ルノー・ジャポン

【画像ギャラリー】お洒落になった!新ルノー メガーヌ ハッチバック&スポーツツアラーがメイクアップ


■キャラクターを変えた新メガーヌ

 ルノー・ジャポンは、2021年8月26日(木)、ルノーのCセグメントカー「メガーヌ」の改良モデルを発表し、同日より販売を開始した。新価格は310万円~330万円となる。

 改良を受けたのは、メガーヌのハッチバックモデルとステーションワゴン「スポーツツアラー」の標準車だ。従来型に設定されていたハッチバック「GTライン」を削除し、それぞれをモノグレード化。

 さらにスポーティな「GT」中心のラインアップからコンフォートな「インテンス」へとキャラクターの設定を変更し、相応しいビジュアルとメカニズムの仕様変更が実施されている。

シックなルノーの上級モデルへとキャラを変更させた改良型メガーヌ(写真はスポーツツアラー)

■内外装を上品にメイクアップ

 そのキャラクターを最も物語るのが、新しいビジュアルだ。エクステリアでは、フロントパンパ―のデザインが改められ、アクセントとなる装飾もブラックを基調としたものから、クロームパーツを取り入れた明るいものに変更。

 ルノー・スポール(R.S.)モデルを彷彿させる鋭さが取り払われ、落ち着いた佇まいに変化している。足元を飾るアルミホイールは、従来型GTと同じ18インチサイズだが、スポークのデザインは異なる。

 リアスタイルについては、大きな変化はないものの、マフラーが変更されたことで、スカートデザインもシンプルなものに。またテールランプは、シーケンシャルウィンカーを標準化。細かい点では、アンテナがシャークフィンタイプとなっている。

 インテリアに目を移すと、大きな変化のひとつがシートのファブリックがコンフォートタイプとなったこと。これによりヘッドレストも独立式のものとなった。また前席のシートヒーターとシートリフター、運転席ランバーサポートは引き続き、採用されている。

 細かなところでは、レザーステアリングやエアコン操作系のデザイン変更などが挙げられる。

インテリアの変更点では、シートデザインが大きいが、ステアリングのデザインも新しくなっている

次ページは : ■ダウンサイズエンジンなどメカニズムも変化