プジョーとフィアット合体!! その名も「ステランティス」誕生 台風の目となれるか?【自動車メーカーのビッグバンを探る】

欧米連合「ステランティスグループ」は自動車業界の勢力図を変えられるか!?【自動車メーカーのビッグバンを探る】

 かつてはそれぞれが独立した存在だった自動車メーカー。現在では多くのメーカーが提携を行い、場合によっては買収されて別のメーカー傘下となったというケースもある。エンジンやプラットフォームの共通化によるコストダウン、流通の効率化など、メリットの多いグループ化だが、あるメーカーがどのグループに属しているのがわからないこともあり、さらに意外なグループの傘下となっていて驚かされるブランドもある。

 このシリーズでは、そうした「自動車メーカーグループ」に注目し、紹介していくことにしたい。今回は、2021年に誕生したばかりの巨大グループ「ステランティス」にスポットを当てよう。

文/長谷川 敦、写真/Groupe PSA Japan、Newspress

【画像ギャラリー】プジョーとフィアット合体!! その名も「ステランティス」誕生 メーカー勢力図の台風の目となれるか?


FCAとPSA、大西洋をまたいだ巨大連合が誕生!

 2021年1月16日、フィアット・クライスラー・オートモビルズN.V.(以下FCA)とプジョーS.A.(以下グループPSA)が統合され、Stellantis N.V.(ステランティスN.V.)が誕生した。

 FCAはイタリアのフィアットグループとアメリカのクライスラーによる連合で、誕生は2014年。そしてグループPSAは、1976年に生まれたフランスのプジョーを中心とするグループ。すでにそれぞれが大きなグループであったが、今回の統合により、実に14もの自動車メーカーを有する連合が誕生したことになる。

 統合されたグループは、ラテン語の「Stello」が由来で「星たちとともに輝く」という意味の「ステランティス」の名称が掲げられることになった。

欧米連合「ステランティスグループ」は自動車業界の勢力図を変えられるか!?【自動車メーカーのビッグバンを探る】
新たなグループロゴの下でポーズを決めるステランティスグループCEOのカルロス・タバレス氏(左)と、チェアマン(会長)のジョン・エルカン氏(右)

新名称の「ステランティス」が意味するもの

 このベストカーWebの読者で、プジョーやクライスラー、そしてフィアットという響きには馴染みがあっても「ステランティス」という名称を聞いたことがない人も多いだろう。実際、今回の新グループ誕生に際して既存のメーカー名を使用しなかったのは、メーカー名を並べることによって並び順による優劣の印象を与えることがなく、加えてまったく新しいグループの誕生を顧客にイメージさせるという狙いがある。

 新グループ名がラテン語にちなんでいるのは、フランスのプジョー、そしてイタリアのフィアットなど、ラテン系メーカーが多いことも理由のひとつだと思われる。しかし、ステランティスの登録国はオランダであり、本社はアムステルダムに置かれている。実際、ステランティスグループを構成するメーカーは5カ国からなる多国籍連合である。

次ページは : ステランティスを構成する14の自動車メーカー