スイフトベースの3列シート マルチスズキの新型SUVが凄い!! 日本でも売れる!?  

スイフトベースの3列シート マルチスズキの新型SUVが凄い!! 日本でも売れる!?  

 スズキのインド法人を務めるマルチスズキは、2022年4月21日(木)にSUVのキャラクターも備えるコンパクトミニバンであるXL6のマイナーチェンジし発売した。

 アジア向けモデルはちょっと大味なモデルが多いイメージがあるが、XL6はマイナーチェンジで「イマドキ」になったフェイスデザイン、そしてキャプテンシートの採用などイマドキのコンパクトSUVになっている。

 もちろん日本では手に入れることのできないクルマだが、スズキのDNAが流れる高級SUVをとくとご覧あれ!! 今回はXL6以外にも「大きなワゴンR」なども紹介しよう。特盛画像ギャラリーもお見逃しなく。

文:永田恵一/画像:マルチスズキ

【画像ギャラリー】マルチスズキが新型SUVを発表!! マイナーチェンジしたXL6を画像でチェック(18枚)画像ギャラリー

■XL6はスイフトベースのSUV

 インドにおいてスズキ車はスズキアリーナと上級車種を扱うネクサという2つのチャンネルで販売される。スズキアリーナには現行スイフトのプラットホームをストレッチしたイメージのコンパクトミニバンとなるエルティガがあるのだが、XL6はエルティガのネクサ版だ。

エルティガ 現行スイフトのプラットフォームをストレッチしたイメージのコンパクトミニバン
エルティガ 現行スイフトのプラットフォームをストレッチしたイメージのコンパクトミニバン

 エルティガとXL6の違いとしては、

・グリルをはじめ、シルバーのパーツを多用し高級感を演出したエクステリア

・シート配列が「2人+3人掛けベンチシート+2人」で7人乗りのエルティガに対し、XL6は「2人+独立したキャプテンシート×2+2人」で6人乗り

・パワートレーンはエルティガが5速MT+CNG燃料を使う1.5リッター4気筒NAと、5速MT&6速AT+1.5リッター4気筒NAにオルタネーターを発展させたマイクロハイブリッドなのに対し、XL6は1.5リッターマイクロハイブリッドのみ

・XL6の全体的に充実した装備内容

 といったことが挙げられる。このあたりを総合するとこの2台はカジュアルなエルティガとプチゴージャスXL6という棲み分けがされ、ランドクルーザーとそのレクサス版となるLXに似ているとも言えるかもしれない。

エルティガのネクサ版であるXL6
エルティガのネクサ版であるXL6

 マイナーチェンジされたXL6は機能面の大きな変更こそないものの、内外装のグレードアップ、装備内容の充実などが行われ、質感、高級感を向上した。

 インドでの価格はマイクロハイブリッド同士でエルティガ/83万5000ルピーから127万9000ルピー(約138万4000円から212万1000円)、XL6/112万9000ルピーから143万9000ルピー(約187万2000円から238万6000円)となる。

 それぞれのボディサイズはエルティガ/全長4395mm×全幅1735mm×全高1690mm、XL6/同4445mm×1775mm×1755mmと日本でもほどよく、十分使えそうな3列目シートを持つ点も魅力だ。

 それだけに安全装備をはじめとした日本市場への対応という課題はあるにせよ、エルティガかXL6を日本に導入する価値は、現在スズキは自社製3列シート車を日本で販売していないことも含め十分あるのではないだろうか。

次ページは : ■インドで販売されるユニークなスズキ車たち

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ