カローラクロス、マグナイト、ジューク…日本では手に入らない日本メーカー製SUV総覧

 SUVが世界的なブームになって久しい。

 日本でもSUVのラインナップはここ数年激増しているが、海外で売っているSUVを見ると、日本製なのに日本では売っていないSUVも多く、さらにそのなかには「どうして日本で売ってないの?」と感じるような魅力的なものも少なくない。

 色々事情もあろうが日本人としては悔しいことこの上なしだ。現在のところ「海外専売」とされている総勢41台をピックアップ。魅力的に感じるものがあれば、ぜひメーカーに日本導入を要望してほしい。

【画像ギャラリー】日本から消えてしまったモデルも多数!!! 海外専売SUVをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文/永田恵一、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■トヨタ編

●ハイランダー(1/41)

トヨタ ハイランダー

 ハイランダーは日本でも初代モデルだけ販売されたラージ3列シートSUVだったクルーガーの海外名で、現行型で4代目モデルとなる。現行型は2.5Lハイブリッドをメインに3.5L V6もあり、特に米中では人気車となっている。

●フォーチュナー(2/41)

トヨタ フォーチュナー

 東南アジア、インド、オセアニアで販売される、ランクルプラドをカジュアルな方向にしたラージSUV。新興国では憧れの存在となっている1台だ。

●セコイア(3/41)

トヨタ セコイア

 アメリカ専売で、ランクル200に近い成り立ちながらさらに大きなボディを持つ3列SUV。

●4ランナー(4/41)

トヨタ 4ランナー

 日本では2009年に絶版となったハイラックスサーフだが、アメリカでは4ランナーの車名で継続中。4L V6を搭載し、4WDに加え2WDも設定する

●カローラクロス(5/41)

トヨタ カローラクロス

 7月にタイで発表された、車名どおりカローラをベースとしたSUV。日本で販売される3ナンバーサイズのカローラ同様にTNGA-Cプラットフォームを使うが、リアサスペンションはラゲッジ拡大のためトーションビームとするなど芸が細かく、早急な日本導入が望まれる、

■レクサス編

 海外専売はほとんどないのが特徴。

●GX(6/41)

レクサス GX

 アメリカで販売されるランクルプラドのレクサス版。4.6L V8を搭載し、車名はGX460を名乗る。内外装はスピンドルグリルなどでレクサス化され、6人乗りと7人乗りの3列シート。

●UX300e(7/41)

レクサス UX300e

 レクサスのエントリーSUVとなるUXをEV化したモデルで、欧州と中国で販売される。航続距離はEUモードで約300km、0-100km/h加速も7.5秒と速い。今年(2020年)末に日本導入予定。

■日産編

 完全に日本より海外が充実している(怒)。

●NEWローグ(8/41)

日産 ローグ

 ローグはエクストレイルのアメリカでの車名で、もうすぐ次期型のデリバリーが始まる。SUVらしいスタイルやプロパイロットの進化など、期待が大きいモデルなので日本でも早く欲しい。

●ローグスポーツ(9/41)

日産 ローグスポーツ

 現在日本で販売されるエクストレイルの全長を縮めたミドルクラスのなかでは小さいSUV。アメリカ、中国、オセアニアで販売されている。

●ジューク(10/41)

日産 ジューク

 SUVクーペの先駆車だったジュークはモデルチェンジされたが、販売は欧州、オセアニアのみ。

●パスファインダー(11/41)

日産 パスファインダー

 ムラーノを拡大し、3列シートとしたラージSUV。アメリカとオセアニアで販売される。

●パトロール(12/41)

日産 パトロール

 日本ではだいぶ前に絶版となったサファリも海外では継続中。

●ムラーノ(13/41)

日産 ムラーノ

 2代目モデルを最後に日本では絶版となったムラーノもアメリカと中国で継続中。2代目からのキープコンセプトで、アメリカでは3.5L V6、中国では2.5L直4と2.5L直4SC+モーターのHVを設定。

●キャシュカイ(14)

日産 キャシュカイ

 ローグスポーツの欧州仕様で、日本でも一時期販売されたデュアリスの後継車となる。1.3Lガソリンターボと1.5L&1.7Lのディーゼルターボを搭載。

●テラ(15/41)

日産 テラ

 新興国で販売されるピックアップトラックベースのSUV。かつてのテラノの現代版的存在だ。

●アルマーダ(16/41)

日産 アルマーダ

 アルマーダは本格ラージ3列シートSUVとなるパトロールのアメリカ名だ。2列目がキャプテンシートとなる仕様もあり、5.6L V8を搭載。

●マグナイト(17/41)

日産 マグナイト

 インドで7月にティザー的に発表され、近いうちに市販化されるコンパクトSUV。ルノートライバーがベースで、2列シートとなる模様。

■インフィニティ編

 全部日本で売ってない。なんでかフラメンコ。

●QX70(18/41)

インフィニティ QX70

 インフィニティのSUVは車名のはじめにQXが付き、中国やオセアニアで販売されるQX70はかつて日本でも販売されたスカイラインクロスオーバーを拡大したイメージのSUVだ。

●QX50(19/41)

インフィニティ QX50

 スカイラインクロスオーバーの後継車となるSUVで、2018年登場の2代目モデルからは海外専売のFF車に移行。可変圧縮エンジンとなるVCターボの搭載が注目された。

●QX80(20/41)

インフィニティ QX80

 サファリやアルマーダのインフィニティ版で、ランクル200に対するレクサスLXのような存在。エンジンは5.6L V8のままだが、豪華さや走りの質は向上している。

●QX60(21/41)

インフィニティ QX60

 FFベースのラージ3列SUVというのも加味すると、パスファインダーのインフィニティ版といえる存在だ。

●ESQ(22/41)

インフィニティ ESQ

 中国でのみ販売される旧型ジュークのインフィニティ版。FFが1.6L NA、4WDが1.6Lターボとなる。

●QX30(23/41)

インフィニティ QX30

「何かに似ている」ことからもわかるとおり、旧ベンツGLAのインフィニティ版。次期モデルはなさそうだ。

■ホンダ編

 北米向けのほか新興国向けも充実!

●パスポート(24/41)

ホンダ パスポート

 かつてはホンダと関係のあったいすゞのミューウィザードやビッグホーンのOEMだったが、現行型はホンダ製のラージSUVとして2019年に復活。パワートレーンは3.5L+9速ATを搭載する

●パイロット(25/41)

ホンダ パイロット

 パイロットは現行型で3代目モデルとなるラージSUVで、パスポートとはパイロットを3列シートとすることで差別化を図っている。パワートレーンもパスポートと同じ3.5L+9速ATだ。

●UR-V(26/41)

ホンダ UR-V

 中国専売となるクーペルックを持つラージSUV。中国には兄弟車として日本人には懐かしい車名のアヴァンシアもある。

●BR-V(27/41)

ホンダ BR-V

 タイなどの東南アジア圏で販売される初代CR-Vを現代的にしたイメージの3列SUV。次期モデルでの日本導入が期待される。

●WR-V(28/41)

ホンダ WR-V

 インドや南米で販売される、先代フィットをベースにしたクロスオーバー。WR-Vのノウハウはフィットクロスターにも生かされたようだ

■アキュラ編

 大中小のSUVを海外専売で用意!

●RDX(29/41)

アキュラ RDX

 CR-Vのアキュラ版的な存在となるミドルSUV。ラグジュアリーな内外装に加え、パワートレーンはSH-AWDもある。2Lターボ+10速ATと、スポーツ性も高い。

●MDX(30/41)

アキュラ MDX

 初代モデルは日本でも販売され、現行型で3代目となる3列シートのラージSUV。現行型はアメリカ、欧州、中国で販売され、初代からキープコンセプトに近いが、走りの性能は高い。

●CDX(31/41)

アキュラ CDX

 中国専売となるコンパクトSUVで、ヴェゼルがベースとなっているが、ボディサイズはヴェゼルよりだいぶ大きい。パワートレーンは1.5Lターボ+8速DCTを搭載する。

■マツダ編

 日本にはない「9」と「4」が海外に。

●CX-9(32/41)

マツダ CX-9

 CX-8のベースとなった3列シートを持つラージSUVで、ボディサイズはCX-8の全長と全幅を100mmづつ拡大したイメージだ。パワートレーンは2.5Lターボ+6速ATを搭載。

●CX-4(33/41)

マツダ CX-4

 先代CX-5をクーペルックとした、中国専売となるクロスオーバー的な雰囲気もあるミドルSUV。インテリアも赤いシートがあるなど最新のマツダ車に通じるファッショナブルさを持つ

■三菱編

 パジェロの名は海外では健在。

●パジェロスポーツ(34/41)

三菱 パジェロスポーツ

 現行型で3代目モデルとなる、日本でも販売されたチャレンジャーを引き継ぐ本格ラージSUV。タイ生産で、中国や欧州でも販売されるだけに日本導入も希望!

●エクスパンダークロス(35/41)

三菱 エクスパンダークロス

 東南アジアで販売されるSUV寄りのミニバンとなるエクスパンダーの最低地上高を上げたモデルで、車高高流行りの日本にも合いそうだ。

■スバル編

 3列シートSUVを北米で販売中。

●アセント(36/41)

スバル アセント

 アメリカ生産でアメリカ専売となる、スバル新世代のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を使ったラージ3列シートSUV。

 エンジンはフラット6の後継となるフラット4、2.4Lターボを搭載する。スバルは現在ミニバンがないだけに、その受け皿としても日本導入が期待される。

■スズキ編

 インドで小型SUV活躍中。

●XL6&XL7(37/41)

スズキ XL6

 インドなどの新興国で販売されるSUV寄りのミニバン。

●Sプレッソ(38/41)

スズキ Sプレッソ

 軽自動車を拡大し1L NAを搭載したクロスオーバー。

●ビターラ ブレッツァ(39/41)

スズキ ビターラ ブレッツァ

 インドで販売される全幅だけ大きいコンパクトSUV。

■ダイハツ編

 インドネシアの人気SUV×2

●ゼニア(40/41)

ダイハツ ゼニア

 インドネシアで販売されるFRベースのコンパクト3列SUV。

●テリオス(41/41)

ダイハツ テリオス

 インドネシアで販売されるゼニアの上級版的存在となるコンパクト3列シートSUV。

【画像ギャラリー】日本から消えてしまったモデルも多数!!! 海外専売SUVをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ