つ、ついに正式発表!!! キュートさはそのまま新型ムーヴキャンバス発売! ターボ初採用で中身はめっちゃ大進化

 新型ムーヴキャンバス(2代目)が、2022年7月5日についに正式発表された!  2016年に初代が登場してから約6年、「待ってました!」という読者の方も多いのではないだろうか。

 さて外観を見てみると、「あ…あれ? 初代と…似てない?」と感じる人も多い…かもしれないが、その中身は別物の進化となっている!  累計販売台数38万台超えという大人気車となった初代ムーブキャンバスからの進化具合を一挙紹介していく。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ダイハツ

【画像ギャラリー】質感も大幅向上! 新型ムーヴキャンバスの魅力を一挙紹介!!(26枚)画像ギャラリー

■注目のターボモデルでもWLTCモード燃費は初代以上!

DNGA採用で生まれ変わる新型ムーヴキャンバス(写真はストライプスGターボ)。現行型は初代の採用していた専用エンブレムを廃止、代わりにすべて大文字の表記になった「CANBUS」のロゴが入る

 かねてより「出るぞ、そろそろ出るぞ」と話題になっていた新型ムーヴキャンバスのフルモデルチェンジが、本日(2022年7月5日)いよいよ正式に発表された。

 プラットフォームにはダイハツ自慢の新世代のDNGAを新採用。まずは(このDNGA採用で)「しっかり感」がマシマシになっているところが、新型の大きな特色といえる。そのうえでマイナス50kgの車体軽量化を実現。こいつは「走行性能の大幅アップ」が期待できそう。

 さらにこの新型には、ユーザーから強い希望が寄せられていた「ターボエンジン」が新設定!  タフトのターボエンジンをブラッシュアップしたものが積まれ、D-CVTとの組み合わせで4人乗車でも軽快感ある走りを楽しめる。

 とはいえ「ターボにしました、燃費悪くなりました」ではユーザーは納得しないだろう。そんな問題もしっかり対応されており、WTLCモード燃費でNA(2WD)が22.9km/L、ターボ(2WD)が22.4km/Lと、NAのみの設定だった初代(2WD)の20.6km/Lよりも大幅に向上している。

■外観はキープコンセプトも個性には磨きをかける

 外観はというと、オシャレな雰囲気のエクステリアは健在。往年のVWバス タイプ2・T1をイメージした初代モデル、それを踏襲したデザインだが、特に洗練されたグリル部分が印象深い。

 新型モデルには、可愛らしい雰囲気の「ストライプス」と、シックな味わいのある「セオリー」の2タイプが用意されている。

 セオリーには専用内外装パーツ「リラックススタイル」「エレガントスタイル」「ビタースタイル」の3つが設定されており、より個性を引き出すことが可能だ。

 外板色は、ストライプスが新規開発色のアプリコットピンクメタリックとシトラスイエロークリスタルシャインを加えた全8色、セオリーが全7色となっている。

次ページは : ■先進安全装備や快適装備も時代に合わせて進化

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ