新型クラウン発表 「伝統」を「革新」に代えて世界へ挑戦


 2022年7月15日(金)13:30、トヨタ自動車は16代目となる新型クラウンを発表。1955年に初代を発売して以来、長く日本の代表的高級車として君臨してきたクラウンが、大胆なイメージチェンジを実施して世界販売へと乗り出すことになった。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】新型クラウン全画像と歴代クラウン勢ぞろい「日本の代表的高級車」(28枚)画像ギャラリー

■日本の、世界のユーザーの評価やいかに

 初代クラウンが発表された1955年、日本の自動車産業は黎明期であり、工業技術も舗装も進んでいないところからクラウンの歴史はスタートした。以来67年、クラウンは日本の道、日本人の体格、日本人の用途に合わせて開発され、販売されてきた。バブル景気に沸く1985年には(7代目の特別企画車発売時)、「いつかはクラウン」という名キャッチコピーが生まれ、日本の代表的高級車の地位を確立した。

初代クラウン。1955年(昭和30年)1月1日発売。「日本に自動車産業を根付かせる」という強い信念のもと、海外メーカーとは提携せずに国内開発と国内設計にこだわって作製された

 そのクラウンの新型(16代目)が、2022年7月15日(金)13:30、「ワールドプレミア(世界初公開)」として登場した。

 これまでクラウンが「伝統」として培ってきた後輪駆動(FR)、セダンフォルムといった基本路線から、新型は前輪駆動(FF)ベースで発売される。第一弾となる「クロスオーバー」はセダンとSUVの中間的存在で、このクロスオーバーを皮切りに、スポーツ、セダン、エステート(ワゴン)の4タイプが順次発表されるという。全体的なフォルムやフロントマスクのイメージも大きく刷新して、国内だけでなく世界中(約40の国と地域)で販売されるとのこと。生産目標は年間約20万台。

新型クラウン「クロスオーバー」

 パワーユニットは2.5Lエンジン+モーターと、2.4Lターボ+モーターの2種類のハイブリッド仕様を用意(全車ハイブリッド仕様)する。「クロスオーバー」の価格は先代から大きく割安感を増して435万~640万円(税込み)に設定。本年秋頃から発売となる(CROSSOVER RS“Advanced”、CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”、CROSSOVER G“Advanced”を除くグレードについては、2023年1月以降に生産予定とのこと)。

 近年、高級ミニバンや高級SUVのブームに押されて、やや存在感が薄まってきた印象のあるクラウン。この新型車の発表と革新的なイメージの転換により、「復権」なるか。日本の、そして世界のユーザーの評価を待ちたい。

【画像ギャラリー】新型クラウン全画像と歴代クラウン勢ぞろい「日本の代表的高級車」(28枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ