限定500台に1万2300人の希望者殺到・即完!!! 2台の「GRMNヤリス」に乗った!!!

限定500台に1万2300人の希望者殺到・即完!!! まさに「垂涎」 2台の「GRMNヤリス」に乗った!!!

 2022年1月のオートサロンで発表された2台のGRMNヤリス。1台はオンロードのサーキットを速く走るためだけに考え作られた「サーキットパッケージ」。もう一台は買ってそのままの仕様でラリー大会に出ても上位に食い込めそうなポテンシャルを持った「ラリーパッケージ」だ。

 購入希望者が殺到し、あっという間に完売となってしまったが、どんなクルマに仕上がっているのか、興味は尽きない人は多いはず。自動車評論家 国沢光宏の試乗レポートをお届けする。

※本稿は2022年6月のものです
文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】国沢氏曰く「今後も限定車は出てくるだろう」!!! ヤリスを全力でチューニングした「GRMNヤリス」をギャラリーでチェック(35枚)画像ギャラリー

■座った瞬間から盛り上がる!!! 545点ものスポット溶接を打ち増しした「サーキットパッケージ」試乗

GRMNヤリス「サーキットパッケージ」。これぞエボモデルといった雰囲気はカーボン製のリアスポイラーに加え、専用のBBS製18インチアルミホイール装着によって全幅が10mmワイドになっているからだ

 今年の東京オートサロンで発表されたGRMNヤリスは、500台限定のところ1万2300人の購入希望者が出て瞬時に完売となってしまった(抽選で決めたそうな)。

 もはや購入できないのだけれど、どんなクルマなのか気になると思う。

 ということでGRMNヤリスのサーキット仕様とラリー仕様の試乗レポートをお届けしたい。おそらく今後も限定車は出てくるだろうから参考にしてほしい。

 まずサーキット仕様から。

 シートはサイドエアバッグ付きレカロのフルバケット。5点式シートベルトが付いていた。座った瞬間から盛り上がります。1速に送り込みクラッチミート。

 強化メタルのため、気持ち長めにハーフクラッチを使う。2速にシフトアップすると、いい感じで繋がる。そのまま3速〜4速へ。

 う〜ん! 気持ちいいギアレシオだ。ノーマルと随分違う。

 試乗会は月曜日。日曜日にノーマルミッションのGRヤリスで全日本ラリーに出場したけれど、2速ギアが高すぎるため、登り坂などで1速からシフトアップすると失速してしまう。

 このあたり、開発チームもしっかり認識していたという。

 GRMNヤリスを開発するにあたり、当然の如くギアレシオの変更を考えたそうな。私のラリー車もこのギアが欲しい〜!

 1ラップで各部の印象&挙動チェックを行い、2ラップ目から全開!

 するとどうよ! サーキットのような限界域で走らせたら、標準車とずいぶん印象が違う。

 具体的に言うと車体の剛性感と大きな入力を受けた時の挙動です。

 剛性感は競技車両に匹敵する545点に及ぶスポット溶接の打ち増しと、12mもの接着材使用カ所の延長によるものだと思う。

 挙動は路面の起伏を横方向のGを掛けたまま高速で通過すると「いいね!」とハッキリわかる。

 標準車だと振られて怖さを感じるものの、GRMNだと一発で収束してくれるのだった。

 ボンネットとルーフにカーボンを使い20kg軽量化していることと、ビルシュタインの本社工場製ダンパーが良質のハンドリングを作りだしているんだと思う。

 高速コーナーではリアスポイラーのダウンフォースも効いている感じ。

 GRMNのベースのよさに加え、サーキットを走るためチョイスされたパーツがすべて「いい仕事」をしている。ちなみにタイヤは私のお気に入りであるアドバンA052。

 騒音規制や優れたウエット性能を持ちながらSタイヤに匹敵するグリップ性能を持つ。さすがサーキットで鍛えられたクルマだと納得至極!

 次回作(きっとある!)が大いに楽しみになりました。

【国沢光宏の採点】GRヤリスを100点とすると「サーキットパッケージ」は200点!!

●GRヤリス サーキットパッケージ 主なベース車との違いと専用装備
・最大トルク390Nm(39.8kgm)
・2人乗り
・カーボンフード&ルーフ
・BBS製専用18インチホイール
・18インチブレーキ
・ビルシュタイン製減衰力調整ショックアブソーバー
・カーボン製リアスポイラー
・クロスギアレシオ&ローギアード
・強化クラッチ
・機械式LSD
・サイドスカート
・リップスポイラー

次ページは : ■GRヤリスで感じた「物足りなさ」が消えた…! そして楽しい!! 「ラリーパッケージ」グラベルで全開!!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ