新型クラウン実車展示に大反響! 生で見ると確かに風格がすごい!!「幅を広げてくれたと実感」


 2022年7月15日に世界初公開された新型クラウン。これまでの長い伝統を持つ「FRベースのセダン」という枠組みを超え、「FFベースAWDのクロスオーバー」というコンセプトで登場し、大きな話題となった(同時に今後1年半でスポーツ(SUV)、エステート(ワゴン)、セダンタイプと4種類のラインアップを揃えるとも公表)。今秋より発売となる新型クラウン、現時点(2022年8月上旬時点)で一般客が新型クラウンの実車を確認できるのは、JR名古屋駅前「ミッドランドスクエア」内にあるトヨタショールームと、愛知県豊田市にある「トヨタ会館」のみ。どちらもかなりの人気があるようだが…実地を取材して反響を伺いました。

文、写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】「新型クラウンの実車見たい…でも名古屋遠い……」という人のために取材写真全部ズラッと見せます!!(41枚)画像ギャラリー

■「いままで支えてくれたお客様も支持してくれて、安心」

 2022年7月15日に世界初公開となり、16-18日に東京の六本木ヒルズへ展示、同月23日からJR名古屋駅前ミッドランドスクエア内トヨタショールームへ展示されている、新型クラウン。

JR名古屋駅、桜通口より徒歩約5分。ミッドランドスクエア1Fのトヨタショールームにある新型クラウン。いま実車が見られるのはこことトヨタ会館(愛知県豊田市)だけ

 伝統的な「FRセダン」という殻を破って「クロスオーバー」となったことでSNS上では賛否両論が渦巻いていたが、それとともに「さっそく見てきた」、「実車は思ったよりカッコよかった」という声も多い。

 さまざまな意見が飛び交っているが、これ、「クラウンとは」という話がこんなに話題になっている時点で路線変更自体は大成功では……? と感じつつ、実際に実車展示現場ではどんな話が出ているのか、お客さんはどう受け止めているのか、そして実車展示にはどんなお客さんが来ているのかを知るべく、名古屋まで取材に行ってまいりました。すると…。

「たくさん好評価をいただいており、正直なところ、安心しました」とは、取材に答えてくれたトヨタ国内販売担当者。ミッドランドスクエアでの展示開始から、トヨタショールームには新型クラウン目当てのお客さんが数多く訪れており、取材中も(平日の午前中だというのに)ひっきりなしにお客さんが興味深く新型クラウンを覗き込んでいた。

「毎日これくらいいらっしゃいます。土日はもっと多くて」

 実際、現場で聞く反響はどうか?

 これまでクラウンは長くトヨタ店が取り扱ってきた車種であり、つまり多くの(クラウンを買ってきた)顧客を抱えるトヨタ店からは、「クロスオーバーとなったことで、いままでクラウンを支えてくださったお客さまの反応が気になっていたのですが、乗り込みやすそう、ですとか、しっかり風格がある、など好評です」とのこと。おお、それはよかった。

 また2020年5月からクラウンを取り扱うことになった他の販売チャンネル(旧トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の営業マンからも、「レクサスRXと悩んでいるが、新型クラウンの斬新さにも惹かれる」だとか「いままでクラウンは検討外だったが、新型になって改めて価格を見ると手の届く範囲だとわかったので真剣に検討したい」など、好意的な評価が集まっているという。

「エスティマが生産終了となって、次のクルマに悩んでいたお客様に選択肢を提供できる」という声もあり、お、なるほどそれはたしかにと感じた。

 新型クラウンは、この「クロスオーバー」のほかにもスポーツ(SUV)、エステート、セダンの4タイプ用意されていることについても評価する声が多く、「特にセダンがあってよかったと言ってくださる法人のお客様が多いです」とのこと。

 販売現場では高級輸入車と比較されることも多いようで、「このスタイルならクラウンで」というケースもあるそう。確かに欧州高級ブランドは、積極的にボディバリエーションの多角化展開を進めている。

取材は平日午前中だったが、ひきもきらずに一般のお客さんが新型クラウンを見に来ていた。家族連れも多く、クラウンの顧客層が広がっていることを実感する

次ページは : ■「ほかの3タイプも早く見たい」(同感)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ