トヨタ ハリアーPHEV堂々登場!! ポルシェ カイエンを上回る加速力!?

トヨタ ハリアーPHEV堂々登場!! ポルシェ カイエンを上回る加速力!?

 2022年10月31日、トヨタの人気SUV ハリアーが一部改良を受け、同時にPHEVモデルが追加され発売となった。価格は620万円。PHEVモデルのパワーユニットはRAV4搭載と同じもので、ポルシェカイエンを上回る加速力を見せるという。トヨタ RAV4の改良についても合わせて詳細をお伝え!

●トヨタ ハリアー 一部改良のPOINT
・機能を追加させた「Toyota Safety Sence」全車標準装備
・「Zグレード」に総電力量18.1kWhのリチウムイオンバッテリー採用のPHEVを追加
・PEHV車は外観・内装に専用装備が奢られる


※本稿は2022年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年11月26日号

【画像ギャラリー】専用の内外装採用!! トヨタ「ハリアーPHEV」をギャラリーでチェック!(21枚)画像ギャラリー

■ハリアー一部改良で専用外観のPHEVを設定

トヨタ ハリアー。PHEV車のグレード名は「Z」となる。PHEV車は専用フロントグリルのほかホイールが切削光輝+ブラック塗装となり、前後に艶あり黒塗装のロアバンパーを装備するなど差別化される
トヨタ ハリアー。PHEV車のグレード名は「Z」となる。PHEV車は専用フロントグリルのほかホイールが切削光輝+ブラック塗装となり、前後に艶あり黒塗装のロアバンパーを装備するなど差別化される

 ハイブリッド車の納期が2年近くになるなど、受注絶好調のハリアーが一部改良を受け、同時にPHEVモデルが新たに設定された。発売開始は10月31日。

 パワーユニットはすでに存在しているRAV4のものと基本的に同じ。

 2.5Lの直4エンジン+前後モーターで構成され、システム出力は306psを発生。

 かつて現行RAV4 PHV(現RAV4 Z)登場時には、「0-100km/h加速タイムで340ps仕様のポルシェカイエン(=6.2秒)を上回る」と言われていただけに、ハリアーも胸のすくような加速を見せてくれることだろう。

12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイは、Zグレード、Z“Leather Package”に標準装備
12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイは、Zグレード、Z“Leather Package”に標準装備

 外観では専用デザインとされたフロントグリルが特徴。

 専用外板色となるグレーメタリックを選択して、PHEVであることを主張したいところだ。

 内装にはインパネからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントが採用された。

 ハリアー全体の改良ポイントとして特筆すべきは、先進安全機能の充実。

 プリクラッシュセーフティに、交差点右折時の対向直進車および右左折時の対向方向から横断してくる歩行者検知機能を追加した「トヨタセーフティセンス」が、全車標準装備となった。

 ますます死角がなくなったハリアー。あとは納期の一刻も早い改善を祈るばかり!?

●トヨタ ハリアーZ(PHEV)主要諸元
・全長×全幅×全高:4740×1855×1660mm
・ホイールベース:2690mm
・車両重量:1950kg
・パワーユニット:直4DOHC+モーター
・総排気量:2487cc
・エンジン最高出力:177ps/6000rpm
・エンジン最大トルク:22.3kgm/3600rpm
・フロントモーター出力:182ps/27.5kgm
・リアモーター出力:54ps/12.3kgm
・トランスミッション:電気式無段変速機
・WLTCモード燃費:20.5km/L
・価格:620万円


●トヨタ ハリアー価格
・ハイブリッドモデル価格帯:371万8000〜514万8000円
・ガソリンモデル車価格帯:312万8000〜453万8000円

次ページは : ■RAV4も一部改良!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ