セレナ立派になったなぁ……最高級グレード約480万円!! 立場なくなるエルグランドの今後

セレナ立派になったなぁ……最高級グレード約480万円!! 立場なくなるエルグランドの今後

 日産セレナが新型になり、そのスタイリングや実用性の高さもさることながら話題になったのが最高級グレード「ルキシオン」の存在。なんたって480万円と高額。日産に連綿と流れていたセレナとエルグランドのヒエラルキーが大きく変化したようにも思える。

 いったいエルグランドどうなるのよ!! ということで編集部が掴むエルグランドの今後とセレナの関係に迫ります。

文:ベストカーWeb編集部/写真:日産


■ルキシオンの衝撃と日産の戦略

最高級セレナのルキシオン。約480万円のプライスタグはなかなかパンチがあるぞ……
最高級セレナのルキシオン。約480万円のプライスタグはなかなかパンチがあるぞ……

 セレナに479万8200円のルキシオンが設定された。この価格帯は日産の最上級ミニバンであるエルグランドに匹敵するもの。特に3.5Lエンジンを搭載するハイウェイスターのアーバンクロームが480万9020円とほぼドンピシャ。

 もちろん純粋な内燃機関のエルグランドに対してセレナのルキシオンはe-POWERでもあり、プロパイロットも付くなど、装備面での価格差は考慮する必要はある。それにしても、だ。

 日産がエルグランド、しかもトップグレードの3.5Lエンジングレードよりも高いセレナを出すというのはかなりの冒険だったはず。設計も古いエルグランドよりも新しいセレナを選ぶユーザーは多いかもしれないが、それでもセレナに500万円近くの価格は勇気がいる。

セレナ自体の居住性などは悪くはないものの、500万円近いとなるとその価格の妥当性はいかがなものかという懸念もある
セレナ自体の居住性などは悪くはないものの、500万円近いとなるとその価格の妥当性はいかがなものかという懸念もある

 また外観も内装もセレナのメイングレードになるであろうハイウェイスターなどと比較しても、正直なところ差が分かりにくい。つまりルキシオンを積極的に選びたくなる要素はそこまで多くない。

 日産とてこのような反応は織り込み済みで、きっと「売れるグレード」というよりも可能性のひとつとして用意したグレードなはず。法人需要についても例えばホテルなどの送迎用途など、実はセレナサイズでないと扱いにくいケースも多くある。

 ルキシオンはこれまでのセレナが担ってこなかった新しい役割も踏まえて変化していくはずだ。

■元祖「キングオブミニバン」はいったいどう出るのか

ベストカー編集部制作の新型エルグランド予想CG。現行型を意識しつつも「イマ」っぽい装飾で生まれ変わるはずだ
ベストカー編集部制作の新型エルグランド予想CG。現行型を意識しつつも「イマ」っぽい装飾で生まれ変わるはずだ

 こうなると立場がないのが元祖キングのエルグランド。近年こそアルファード/ヴェルファイアにやられてばかりのエルグランドだが、それこそ大型ミニバンのパイオニアとして君臨してきた。

 しかし3代目となる現行型は2010年の登場からフェイスデザインこそ変わったものの、未だにハイブリッドモデルはなく2.5Lと3.5Lのガソリンモデルをラインナップしている。

 2列目シートの重厚感や上質な走行性能などを評価するファンはいるものの、3列目の収納やパワートレインの古さは実用性や経済性を重視するミニバンユーザーとしてはかなりの痛手だ。

 セレナを見ると分かるが日産はライバルであるトヨタのミニバンを徹底研究しており、次期エルグランドについてもこれまでのネガが消えていくはずだ。

 ベストカースクープ班が掴んでいる情報では新型エルグランドは2023年冬に登場が予定されている。1.5LのVCターボにe-POWERを組合せたパワートレインで登場すると見られている。

かつてはキングオブミニバンという称号を手にしていたエルグランド。FRパッケージに拘ったこと、ライバルよりも走行性能に特化したことで王座から陥落してしまった
かつてはキングオブミニバンという称号を手にしていたエルグランド。FRパッケージに拘ったこと、ライバルよりも走行性能に特化したことで王座から陥落してしまった

 セレナのルキシオンの登場によって、新型エルグランドもより一層の高級路線を走る可能性は充分にあるはずだ。現在もセレナとエルグランドに共通する「ハイウェイスター」のように、エルグランドにも「ルキシオン」が登場する可能性だって否めない(もちろん他の日産車も同様)。

 ぜひ日産にはミニバンユーザーをギャフンと言わせる最高級ミニバンの登場を期待したいが……。

【画像ギャラリー】セレナの勝負どころはどこに!? ルキシオンで高級路線開拓なるか(15枚)画像ギャラリー

 

 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ