トヨタ大攻勢の裏でエスティマ廃止に困惑!? 2019年新車情報一挙公開!!


 毎日新車ディーラーを回って取材し、「旬」の新型車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はトヨタ系の新車ディーラーを数多く取材し、2019年の新車スケジュールと、その先の販売店戦略、それにともなう不満を中心にレポートします。

 ここ数年、縮小し続ける日本新車市場。トヨタはそれにともない「手」をうってくるようです。それがうまくゆくのか?? そのほかの新型車情報とともにお届けします。

文:遠藤徹

ベストカー2019年2月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■トヨタの2019年の新車はスープラ、RAV4、カローラ、ハイエース

 トヨタ販売店筋によると、2019年内にトヨタが発表する新型車(フルモデルチェンジ&新規モデル)はRAV4、カローラ、スープラ、ハイエースの4車種になるようです。

 これらを扱う販売店は東京地区が全店になる以外はまだ正式には伝えられていませんが、最初から全店扱いにはせず、複数店の併売からスタートして、2025年までに全店扱いに切り替える方法で対応するものと思われます。

スープラ、RAV4ともに「2019年春に日本市場発売」とアナウンスされており、4月頃のデビューとなりそう

 このうちハイエース以外はすでにトヨタ側から(海外で先行公開された際に「日本市場では〇頃発表」と)公式に年内発表がアナウンスされている。ハイエースに関してはモデルサイクルを考えるとやや意外だが、これについてはさらなる取材を続けており、詳細が判明次第、またお伝えする。

 なお、マイナーチェンジは年末にC-HRが3年ぶりの手直しする時期を迎えます。

■エスティマの2019年廃止通達に困惑する営業マン

 エスティマが2019年12月いっぱいでモデル廃止となる…という通達がトヨタ各販売店に通達されており、取り扱い店であるトヨタ店とカローラ店の営業マンは困惑顔になっています。エスティマの代わりにトヨタ店では2020年1月から(トヨペット店の併売で)アルファードを発売予定、ヴェルファイアはネッツ店、カローラ店で併売することになります。

1990年に初代が登場し、日本新車市場に巨大なブームを巻き起こした「天才タマゴ」、エスティマ。現行型(3代目)は2006年に登場しており、今年で13年目となる。次期型の開発は凍結されており、現行型のみで生産終了となる見込み

 トヨタ自動車本体の営業部は「アルファード/ヴェルファイアがあればエスティマがなくなっても穴埋めできるだろう」という考えのようです。

 ところがトヨタ店の某営業マンによると「お客さんのなかにはエスティマクラスの大きさがベストという声がかなり多い。アルファードでは大き過ぎて扱いにくく、そちらに代替えしたくない。他社のモデルに買い換えるかもしれない」と言います。

 現在、エスティマは受注生産状態で、納期は2カ月待ちとなっています。首都圏のトヨタ店、カローラ店ではカーナビ、ETC付きだと30万円からの値引き交渉スタートが多くなっています。

次ページは : ■トヨタ全店併売への1本化は販売政策の変化を起こす?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ