来ったーーー!! 三菱新型トライトン世界初披露!! 日本発売確定で「野獣」が来年初頭に帰ってくる!!

来ったーーー!! 三菱新型トライトン世界初披露!! 日本発売確定で「野獣」が来年初頭に帰ってくる!!

 2023年7月26日、三菱自動車はタイ・バンコクで新車発表会を開催。ASEAN諸国で圧倒的な人気を誇る1トンピックアップトラック「トライトン」をフルモデルチェンジし、タイで発売開始、同時に来年(2024年)初頭の日本導入を明らかにしました。以下、詳細を速報でお伝えします。

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車

■デカくてゴツくてタフな三菱が日本に凱旋帰国

 三菱自動車のピックアップトラックには長い歴史がある。初代は1978年に登場し、以来45年間、5世代にわたり世界約560 万台を生産、約150 ヵ国で販売してきた。その象徴的存在であ「トライトン」が、9年ぶりにフルモデルチェンジを実施した。

6代目となる新型トライトンのダブルキャブ。こういう武骨でタフなデザインは、三菱は本当に上手い。デリカD:5からの乗り換えとか超よさそう
6代目となる新型トライトンのダブルキャブ。こういう武骨でタフなデザインは、三菱は本当に上手い。デリカD:5からの乗り換えとか超よさそう

 新型トライトンの最大の特徴は、「BEAST MODE」(野獣モード?)と名付けられたデザインコンセプト。ピックアップトラックに求められる「タフさ」「力強さ」を象徴するフロントマスクに、三菱自動車を象徴するダイナミックシールドが絶妙に組み合わされている。

 3連L字型LEDランプを配したデイタイムランニングランプは猛禽類をイメージしており、その直下に置かれた立体的な3眼プロジェクターと組み合わされることで、唯一無二の存在感とこのクラス随一の迫力を生み出している。

迫力勝負のフロントマスクで、ダイナミックシールドがうまく組み合わさっている
迫力勝負のフロントマスクで、ダイナミックシールドがうまく組み合わさっている

 このクラスは国産メーカーの海外専売車や輸入メーカーが強いジャンルだが、「堅牢」のイメージが強い三菱は見事に独自のポジションを獲得しているといえる。

 ボディは「ダブルキャブ」「シングルキャブ」「クラブキャブ(1列シートだがフロントシートの後ろに荷室スペースを設けた仕様)」の3タイプを用意。詳細なサイズは現時点では公表されていないが、ボディは先代型より一回り大きくなり、これでライバル(たとえばトヨタハイラックス)と互角以上の勝負を繰り広げられるようになる。

タイ仕様では3種類のディーゼルターボエンジンを用意する新型トライトン。走行性能は折り紙付き。もちろん4WD仕様のみの設定
タイ仕様では3種類のディーゼルターボエンジンを用意する新型トライトン。走行性能は折り紙付き。もちろん4WD仕様のみの設定

 搭載ユニットは新開発の2.4Lディーゼルターボで、用途に応じて3種類の出力が異なる仕様を用意している。「高出力仕様」には新型ターボチャージャーと新燃焼システムを採用し、最高出力150kW、最大トルク470Nmを低回転域からフラットに発生させる。これに加えて「標準仕様」では最高出力135kW/最大トルク430Nmタイプと最高出力110kW/最大トルク330Nmの2タイプを用意。いずれもタービン容量を可変制御するVGターボチャージャーを採用しているというから胸が熱い。

 今回発表されたタイ仕様では、これに6ATと6MTが組み合わされるが、はたして日本仕様はどうなるか(「高性能仕様」と「6AT」の組み合わせのみの導入と予想)。

 もちろん令和の新型車らしく安全装備も充実しており、衝突軽減ブレーキシステム、後側方車両検知警報システム、後退時交差車両検知警報システムなどを採用している。

ピックアップトラックとしての使い勝手もばっちり。広い荷室で、アウトドアブームには最高の相棒となってくれる
ピックアップトラックとしての使い勝手もばっちり。広い荷室で、アウトドアブームには最高の相棒となってくれる

 ここ最近、アウトランダーPHEV、eKクロスEV、デリカMINIと、「三菱らしさ」を取り戻しつつある三菱自動車。トライトンは東南アジア諸国を含む世界中で大人気車種となっており、いまや三菱の大黒柱となっている。国内市場の強化を狙う三菱が、さらなる一手として、デカくてゴツくてタフな三菱車を日本へ凱旋帰国させるわけだ。

 今回の世界初披露(ワールドプレミア)に合わせて、三菱自動車の加藤隆雄社長は「最終的には(この新型トライトンを)100カ国以上で年間20万台規模となる見通しで、まさに当社の屋台骨を支える最重要モデルであり、成長フェーズの幕開けに突入する、第一弾となる世界戦略車です」と語っている。すごい自信!!

快適装備も最新のものが設定され、高級感も備えた新型トライトンのインパネ
快適装備も最新のものが設定され、高級感も備えた新型トライトンのインパネ

 冒頭にも紹介したとおり、2024年初頭には日本発売とのことだから、「プロトタイプ」が2023年10月のジャパンモビリティショーに登場してそこで一般の皆さんへお披露目、2024年の東京オートサロンでの正式発売開始…の可能性が濃厚といえる。

 うーん、楽しみ。早く乗ってみたいぞ。

【画像ギャラリー】ド迫力でタフな三菱が帰ってきた!! 新型トライトン全画像をお蔵出し!!(17枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!