無塗装バンパーが激カッコイイ! 新型ランドクルーザー250の素グレード「1958」が魅力的すぎる!

無塗装バンパーが激カッコイイ! 新型ランドクルーザー250の素グレード「1958」が魅力的すぎる!

 話題沸騰中のランドクルーザープラド改めランドクルーザー250。海の向こうのアメリカでは、すでに発売当初のグレード構成まで発表された。そのリストを見ると、日本では公開されなかったグレードがあることに気付く。その謎グレード「ランドクルーザー1958」と、他グレードの装備について比較してみた!

文/ベストカーWeb編集部、写真/北米トヨタ

■シンプルさを強調したランクル250のベースグレード

ワールドプレミア会場には登場しなかった北米仕様「ランドクルーザー1958」
ワールドプレミア会場には登場しなかった北米仕様「ランドクルーザー1958」

 8月2日に東京でワールドプレミアされたランドクルーザー250。もちろん世界各国で同時に情報が解禁され、ランクルの一大市場である北米でも詳細が明かされた。

 その北米サイトをのぞいてみると、発売当初のグレード名が明らかになっている。具体的には以下の3つだ。

・ランドクルーザー1958
・ランドクルーザー
・ランドクルーザーファーストエディション

 そもそも北米では、従来のランドクルーザープラドを「ランドクルーザー」として販売している。だから「ランドクルーザー」という呼称自体は問題ないのだが、上と下にある「1958」と「ファーストエディション」というグレードが気になるところだ。ちなみにファーストエディションは、日本でも発売がアナウンスされている。

■北米には3グレードが存在

北米仕様「ランドクルーザー」
北米仕様「ランドクルーザー」

 北米トヨタのプレスリリースをチェックすると、3グレードの主要装備が載っていた。

 まずはランドクルーザー1958だが、ランクルFJ25型がトヨタ車として初めて海外生産を始めた1958年に由来するサブネームのようだ。

コンセプトとしてはランクルの原点にも通じるシンプルさを強調したモデルで、外観では、本来ならば着色されているヘッドライト下のバンパーがあえて無塗装とされている点が特長。同様にバックドアも樹脂部分が無塗装のブラックになっている。

シンプルなモデルとはいったが、現代のSUVゆえに不満のない装備は一通りそろっている。以下の通りだ。

・リア・ロッキング・デファレンシャル
・クロールコントロール(悪路でのアクセル&ブレーキ自動制御)
・トヨタ・ヘリテージ・グリル
・丸形LEDヘッドランプ
・18インチホイール+245/70オールシーズンタイヤ
・8インチマルチメディアモニター
・6スピーカーサウンドシステム
・ステアリングヒーター
・マニュアルシートヒーター付きファブリックシート
・2400W交流インバーター

次ページは : ■ファーストエディションはルーフラックやマッドフラップも付く

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号