新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!

新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!

 みなさん、新型アコードです!! 忘れていませんよね? 2023年9月先行公開され、ず~っと待つこと半年。ついに2024年春、販売開始! 少ない国産車セダンカテゴリーによくぞ加わってくれた。「和製アルテオン」と呼びたくなるこのモデル、久しぶりすぎるので、その魅力を販売開始直前におさらいしましょう。

文・写真:ベストカーWEB編集部/写真:ホンダ、フォルクスワーゲン

■かなり前に米国で発表された新型がようやく日本でも!!

思わず「和製アルテオンだぁ!」と叫んでしまった筆者。みなさん、これが新型アコードです
思わず「和製アルテオンだぁ!」と叫んでしまった筆者。みなさん、これが新型アコードです

 冒頭で「少ない国産車セダンカテゴリー」と述べたが、11代目・新型アコードの登場でホンダでは久しぶりにセダンが加わったことになる。「アコード、ちょっと前まで売ってなかった?」という方も多いと思うので、アコードのここ数年の動きを……。

 2022年11月、新型アコードの北米仕様を発表。2023年1月、先代アコードの日本国内販売を終了。2023年9月、新型アコードを日本国内で発表し、そのモデルが2024年春に販売開始。

 ……と、ややねじれ現象的な感じで経過しているが(汗)、ずいぶん前に米国で発表されていた11代目の新型アコードが日本でもこの春、発売される、ということです!

 実は本物、2024年1月、2月に開催された東京オートサロンや大阪オートメッセのホンダブースですでに展示。純正アクセサリーをまとった「SPORTS LINE」というモデルで、生を見て「おぉ~。流麗なスタイルだ!」と衝撃を受けた方も多いはず。

■さらに平べったくなった、先代譲りのロー&ワイドなスタイル

どこまでもロー&ワイドなプロポーション。リアコンビランプはまさに「和製アルテオンだ!」(←しつこいですか)
どこまでもロー&ワイドなプロポーション。リアコンビランプはまさに「和製アルテオンだ!」(←しつこいですか)

 先行公開から半年間も開いたのでスタイルを見て衝撃を受けるのも無理はない。そう、新型アコードは「和製アルテオン」と勝手に命名したくなるほど、デザインに惚れ惚れしてしまう。「これがあれば、VWアルテオンに乗らなくていい!」と思ってしまうほど(極端に言えば……)。

 なんたって平べったいカタチがいい。ロー&ワイドなプロポーションは先代譲りだけど、さらに平べったい。フルLEDの横長ヘッドライトによりワイド感が強調されたフロント。そこからリアにかけての伸びやかフォルムが、新型アコードの存在感と断言していいほど!

 加えて、ファストバッククーペを彷彿させるリアビュー。横一文字のリアコンビランプもワイド感を注ぎだし、この後ろ姿こそが「和製アルテオン」と言い放ちたい理由! そして、トランクが独立しているので「セダン」カテゴリーというワケですね。

次ページは : ■国内のホンダ車初のGoogle搭載。これにも注目だ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!