プリウス顔のSUV!!  しかもEVってマジか!!  トヨタ本気のEV攻勢

プリウス顔のSUV!!  しかもEVってマジか!!  トヨタ本気のEV攻勢

 トヨタは2024年4月25日、北京モーターショーでBEV専用モデルのbZシリーズに新たな2台「bZ3C」と「bZ3X」を追加し、ワールドプレミアした。現地情報をお届けしよう!

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

■2023年の上海モーターショーで登場のコンセプトモデル2台を市販化

2023年4月の上海モーターショーで公開されたコンセプトカーSUVタイプの「bZフレックススペースコンセプト」の市販車モデルとなっている
2023年4月の上海モーターショーで公開されたコンセプトカーSUVタイプの「bZフレックススペースコンセプト」の市販車モデルとなっている

 そもそもこの2台、2023年4月の上海モーターショーで公開された2台のコンセプトカー、各々クロスオーバーモデルの「bZスポーツクロスオーバーコンセプト」とSUVタイプとなる「bZフレックススペースコンセプト」の市販モデルだ。

ちなみにbZスポーツクロスオーバーコンセプトはBYDとの合弁会社との共同開発で、フレックススペースコンセプトのほうは広州汽車(GAC)などと共同開発していた。

 この2台はトヨタが2026年までに発売予定としている10車種のうちの2台であり、2024年中に発売予定だと2023年の上海モーターショーではアナウンスされていた。

 bZスポーツクロスオーバーコンセプトは、Z世代をターゲットに開発されており、クルマに乗ることで気分転換する「eboot」をコンセプトとしてパーソナル空間の演出をメインとしている。

 一方、bZフレックススペースコンセプトはファミリー層がターゲット。広汽トヨタやGAC、TMECが共同開発しており、家族で安心に快適に使えるファミリー向けSUVとして「COZY HOME」をコンセプトに据えている。

■今後1年以内で2台とも市販化が決定

こちらも同じく2023年4月の上海モーターショーで公開されたコンセプトカークロスオーバーモデルの「bZスポーツクロスオーバーコンセプト」の市販車モデルとなっている
こちらも同じく2023年4月の上海モーターショーで公開されたコンセプトカークロスオーバーモデルの「bZスポーツクロスオーバーコンセプト」の市販車モデルとなっている

 今回、北京現地で市販モデルとして登場した2台はコンセプトモデルでの提案を昇華させ、市販化モデルに仕立てたもの。

 トヨタ副社長でChief Technology Officerの中嶋裕樹氏は、同日行われたプレスカンファレンスで登壇し、「中国のお客様が笑顔になるBEVとは何か。このテーマを中国のパートナーとともに探求し、送り出すのが『bZ3C』と『bZ3X』です」と新型車を紹介した。

 2023年の上海国際モーターショーでコンセプトカーを公開し、量産化に向けてアップグレードを行ったモデルになり、この2モデルは今後1年以内に中国での発売を予定しているという。

【画像ギャラリー】トヨタの新型BEVの市販モデルキター! しかも2種類ってアツすぎでしょ 注目の新型車を写真で是非! (10枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します