新型RVR 10年目で“顔”激変!! フルモデルチェンジはどうなる!?


 10年目の大刷新!! 三菱のコンパクトSUV、RVRが本日2019年8月22日にマイナーチェンジを敢行。

 フロントマスクも新たに、2010年の登場から10年目で文字通り、顔も新たに新しいスタートを切った。

 三菱のRVRといえば1991年に誕生し、RVブームのなかで人気車に成長したが、ここ最近は厳しい販売状況が続いている。

 これまでRVRに関してはフルモデルチェンジの情報も囁かれてきたが、このマイナーチェンジでいったいどうなるのか? 改良の中身とともに最新情報をお伝えしたい。

文:ベストカーWeb編集部
写真:MITSUBISHI


10年目の改良で“顔”激変!!

従来型のRVR
改良新型のRVR。フロントマスクの変更で顔つきが大きく変わった

 改良モデルの目玉は、なんといっても一新されたフロントマスク。

 写真をみてもわかるとおり、従来型から大幅な変更が施されており、登場したばかりのeKクロスやエクリプスクロスとも通ずる「ダイナミックシールド」をより進化させたニューフェイスは、なかなかの存在感。

 フロントグリルは、メッキ加飾によるギラギラ感強めなデザインながら水平・垂直基調で、さほどオラオラ感が強くないのも好印象だ。

【画像】新型RVRのさらに詳しい写真をチェック!

 デザイン自体はすでに海外で発売されているASXに準じたものながら、10年目の改良という点を考えてもかなりの大胆チェンジ。ターンランプとフォグランプをヘッドライトから独立させ、バンパーサイドに配したデザインは、デリカD:5と同様だ。

 目立つフロントマスクだけではなく、リアまわりもテールランプ形状が絶妙に変わっており、水平基調の新たなデザインとなっている。

 また、ボディカラーも写真のサンシャインオレンジメタリック、そして赤系のレッドダイヤモンドと合わせて2つの新色が追加されている。

注目の価格は値下げ!? 中身は進化?

車幅いっぱいに広がる水平基調のテールデザインとバンパーサイドにブラックガーニッシュを新たに採用したリアデザイン

 一方、中身の変化は? といえば、機能面では新設されたスマホ連携ナビを8インチのモニターに大画面化(従来型は7インチのナビシステムをオプション設定)。

 合わせてトランスミッションも6速スピードモードCVTに、スポーツモードを常時楽しむことができるMポジションを新たに搭載。

 さらに、安全面では自動ブレーキを含む予防安全システムの「e-Assist」に、前進時のご発進抑制機能を追加するなど、内容としては小幅ながら細かい部分で性能・機能向上を図っている。

 ちなみに、足回りについては「今回変更は行っていない」(三菱広報部)とのこと。また、搭載される1.8Lエンジンも出力などの変更はなく、基本性能に関わる部分はほぼ据え置きといえる内容。

 ただ、嬉しいのは価格。従来RVRは下から「M」、「G」の2グレード構成だったが、前者は改良前と全く同じで2WD車が210万4920円、4WD車が234万1440円となっている。

 さらに、最上級の「G」は従来型より1インチアップした18インチアルミホイールを採用しつつ、価格は2WD車で227万2320円、4WD車で250万8840円と従来型比でむしろ3万2400円値下げ。

 何かにつけて価格を上げる新車が多いなか、“現役10年目”ということもあってか、RVRは価格を据え置き・値下げする戦略を採っている。

 2019年上半期の平均月販台数は84台と厳しい戦いを強いられているRVRだが、巻き返しはなるか!? 三菱広報部によると、RVRの月販目標台数は150台(2019年度)という。

次ページは : 次期型RVRはどうなる? 登場時期と中身