【RAV4、カローラ、eK…】 変わりすぎてわからない フルモデルチェンジお前誰選手権


 先日お届けしご好評をいただいた【レガシィ フォレスター N-BOX 】 変わったのか変わってないのかわからない フルモデルチェンジ列伝 13選

 この企画はその逆である。フルモデルチェンジでガラリと変わりすぎて、「お前誰? もいちど聞くけど お前誰?」と一句詠みたくもなってしまうようなモデルたちを取りあげてみたい。解説は自動車評論家の清水草一氏だ。

【画像ギャラリー】「お前いったい何があったんだい…」と聞きたくなるような変わりようをギャラリーでチェック!

※本稿は2019年9月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■トヨタ RAV4

●記憶に残るRAV4とは別物になった“鬼瓦”

初代 ※特別に初代モデルも登場
3代目
現行5代目

 日本人の記憶にあるRAV4は、なんてったって初代だろ! 先代が日本市場には投入されなかったこともあって、ヒットした初代以外のイメージはフェイドアウトしてしまった。そこに突如として降臨した新型は鬼瓦になっておりました。コワイ……。

■トヨタ カローラ

●伝統的にのび太君だったが新型は大変身して、しずかちゃんとの結婚も!

11代目
現行12代目

 カローラのデザインは、伝統的にのび太君みたいな感じでした。特に先代はヴィッツベースで作った安物デザインで、しずかちゃんと結婚なんて絶対ムリな感じでした。ところが新型は出木杉君に大変身! これならいつか、しずかちゃんと結婚できることでしょう。

次ページは : ■トヨタ カムリ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ