【レガシィ フォレスター N-BOX 】 変わったのか変わってないのかわからない フルモデルチェンジ列伝 13選


 クルマがフルモデルチェンジすると、多くの人は外観のデザインが大きく変わることを期待する。しかし当の自動車会社はそう思っていないことが多い。「キープコンセプトだよね、特に売れ線のクルマはさ……」と。

 今回は、そんな“キープコンセプト”という名の、変わったのか変わってないのかわかりにくい現行車たちを一挙紹介していく!

【画像ギャラリー】 ほんとに変わった…? 各新旧モデルをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■変わったんだけどわかりにくい マツダ CX-5

 CX-5は、キープコンセプトのなかではちゃんと変わったほうですよ。これはまさに正常進化のお手本。新型と先代を見比べたら、完全に車格が違うくらいに感じるからね。

 新型のほうがだんぜん高級そうに、値段が高そうに見える。あるいはガイシャに見える。これは間違いなくデザインの勝利! これについては称賛しかありまちぇん。

上が「旧」、下が「新」(以下すべて同じ並び)。新型は、新時代の「魂動デザイン」を採用し、ヘッドライトがシャープになった

 これなら先代と新型を見分けられない女子もいないんじゃないか。いや、いるだろうけど、全員ってことはないだろう。だってCX-5は、国産車からガイシャに生まれ変わったんだから! しかもキープコンセプトで! 素晴らしいことですよ! すべての質感が上がってるしバランスもよくなっている! 文句ないです。

■売れっ子は化粧直しも命がけ ホンダ N-BOX

 N-BOXに関しては、マジでもっと「変えないで」欲しかった!。デザイン的には先代のノーマルモデルが機能美の極致で、いじりようがなかったのだ……。

 箱型ながら、フロントフェンダーの張り出しが大地をしっかり踏ん張って、自動車の原点回帰の素晴らしいデザインだった。

フロントグリル周りや、リアのクォーターウィンドウ後端の形状が上下で丸く変更されているなど、細かい部分が違っている……

 それを思うと新型のデザインは、まさに「微妙な改悪」だ。フロントフェンダーの張り出し感は一気にショボくなったし、リアコンビランプなんかカスタム系のマイルドヤンキー風味がそのままついちゃってて、箱型ボディのあそこだけトグロ巻いちゃってる。バランス崩しただけじゃんか! 

次ページは : ■ボディが黒かったら判別不能のスバル レガシィ

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ