WRX STI限定車当選率わずか4%!! カタログモデルも入手待ったなし!?

 スバルファンのみならずクルマ好きの方ならすでにご存知のことと思うが、1989年に登場してから30年、ここまでスバル、そして日本の自動車業界の名エンジンとして活躍してきた「EJ20型水平対向ターボエンジン」が、年内で生産を終了する。

 これに伴って「EJ20」を搭載する日本市場向け・現行型WRX STIも、2019年12月末で受注を終了することとなった。

 11月14日夕刻。その現行型WRX STIの集大成として発売が決定された、555台限定のEJ20搭載最終仕様「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」の抽選結果が発表された。

 ファイナルエディションには応募が殺到しており、11月頭の時点で10倍超の倍率になっているとお伝えしたが、本稿の取材で最終的な倍率は20倍超になっていたことが判明した。

 筆者 自動車ライターの大音氏の抽選結果は…あえなく落選。しかし諦めきれない氏は、12月23日(月)が受注受付締切となるカタログモデル(標準モデル・タイプS)の購入を求め、スバルディーラーへと向かったのだった。

【写真ギャラリー】本当にコレが最後!!! カタログモデル、ファイナルエディションの画像をギャラリーでチェック!

文:大音 安弘/写真 SUBARU


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ